今年の冬至2016はいつ?

二十四節季の1つ、冬至ですが、その正確な日時や、
意味や由来をご存知でしょうか?
毎年変わる冬至の日を知る計算方法を紹介します。

2016年の冬至は何月何日になるのでしょう?
また、冬至の由来は中国にあるのですが、
その日に中国では何をしていたのかなども紹介します。

 

 

 

 

 

 


スポンサードリンク


 

 

2016年の冬至はいつ?

 

 

冬至は、二十四節気の1つで、太陽が冬至点を通過する
時刻をいいます。

二十四節気とは、一年間を24つに分けて季節の
表現をしたものです。

 

春:立春 雨水 啓蟄 春分 清明 穀雨
夏:立夏 小満 芒種 夏至 小暑 大暑
秋:立秋 処暑 白露 秋分 寒露 霜降
冬:立冬 小雪 大雪 冬至 小寒 大寒

 

となっています。

冬至とは太陽の南中高度の高さが一番低く
昼の時間が一年の中で一番短く、夜の時間が
一番長い日です。

冬至は、基本的には毎年12月22日前後ですが、
2015年の冬至は12月22日、
2016年の冬至は12月21日になります。

毎年、偉い人が「今日は冬至」と決めるわけではなく、
「定気法」という計測方法で二十四節気を配置します。

しかし、定気法を利用せずに、
冬至の日がわかる計算式があります。
この計算式では、2099年の冬至の日までわかります。

 

冬至の日にち=INT(22.6587+(0.24274049×(Y-1900))-INT((Y-1900)/4))

「Y」は、冬至の日を求めたい年の西暦を入れます。
ちなみにINTとは()の中の数値が整数ではなかった時に
()の数値よちも小さくて最大の整数(integerの略)を表す関数

int(3.33333)=3となる

 

少し難しいですね。

また、新月の日と冬至がちょうど重なっている日にちの
ことを朔旦冬至と呼びます。2014年の冬至がちょうど
その日にちでした。

 

 

冬至の意味や由来とは??

 

 

冬至の由来ですが約2500年前の中国の春秋戦国時代に、
さかのぼります。

その後、漢の時代になると祝賀儀式が催され、
皇帝から国民まで、冬至はいわゆる冬休みとして、
体を休めて、友人や親せきと楽しく過ごす日でした。

歴史書の『後漢書』には、「冬至前後の時期は、
君子は身体を安静に保ち政務をおこなわない」と
書かれています。

そのため、代々の中国の王朝は冬至には冬休みをとり、
戦争も政治もお休みになったそうです。

現在の中国でも「気は冬至に始まる」といわれ、
冬至には養生をして過ごす習わしがあります。

 

 

日本や中国においては、冬至とは太陽のパワーが一番
弱くなった日にちであり、冬至の日が過ぎたら、再び
太陽のパワーが復活するので、陰から陽に転じる境目
とされていて、一陽来復(いちようらいふく)とも
言われます。

つまり、冬至は運気が上昇しはじめる日でも
あるのです。

また、日本ではかぼちゃを食べたり、「ん」のつく
食べものを食べたりして過ごす習慣があります。
運がつくからです。

だいこん、ぎんなん、にんじん、うどんなどが
その食べ物の挙げられます。

中国では、冬至に紅白の団子を食べる風習があります。

食べもの関係では、味が濃く脂っぽいモノは避け、
あっさりとした味のモノ、そして温かいものを多く摂り、
脾や腎を保護すると、中国では良いとされています。

 

 

冬至ではなぜかぼちゃをなぜ食べるのか?理由は?

 

 

冬至かぼちゃ画像

 

冬至ではかぼちゃを食べるイメージが強いですよね。
どうしてでしょうか?

漢字ではかぼちゃは、南瓜と書きます。これは
陰の気が溢れている北の方角から陽の気が溢れている
南の方角へ進むということを意味する縁起のよいもの

として見なされてきました。

かぼちゃは夏野菜なので、夏の時期に収穫します。
夏とは間逆の冬の時期にかぼちゃを食べることによって
夏のパワーを頂くというのも由来の一つのようです。

また、冬至の時期には野菜の収穫シーズンも終わり
食べられる野菜がほとんどありません。かぼちゃは
長期間保存がききますし、ビタミンが豊富な野菜として
昔から人々の健康を支えてきました。

 

 

冬至のゆず湯の意味や由来は?

 

 

冬至のもう一つの定番といえば、ゆず湯に入ること
ですが、ゆず=融通が効くという言葉掛けが一つの
由来とされています。

柚子は冬が旬の果物で強い爽やかな柑橘の香りがします。
その香りが一年の溜まった邪気を払拭してくれると
いうのが柚子湯に入る意味なのです。

柚子湯は美肌効果や血行促進、風邪予防など寒い冬の
時期には嬉しい効果がたくさんあります。

よくある使用方法としては柚子を丸ごとお風呂に
いえるというものがあります。見た目から柚子湯を
楽しむというのもいいでしょう。

しかし、見た目は気にせず柚子湯を楽しむなら
半分に輪切りにして、ガーゼやネットなどの袋に
入れておきましょう。

そうすることで、後のお風呂掃除も楽になりますし
柚子の果汁エキスがお風呂に出やすくなります。

 

 


スポンサードリンク


冬至といえば穴八幡宮?

 

 

中国の冬至の由来などを説明しましたが、
日本でも冬至の日を楽しむ祝賀行事があります。
それが、穴八幡宮の冬至祭です。

WS000003

江戸城の城北にある穴八幡宮で、
「一陽来復(いちようらいふく)お守り」が、
冬至から2月3日までの期間限定で手に入ります。

このお守りですが、恵方に向け、高い場所に置きますと、
お金のめぐりが良くなる、というありがたいお守りで、
冬至祭には穴八幡宮には長蛇の列ができます。

このお守りを手に入れるための徹夜組があるので、
効果は期待していいかもしれません。
初穂料(お守りの値段)は800円です。

壁に張るタイプとお財布などに入れる
携帯タイプの2種類があります。
両方手に入れてください。

穴八幡宮の御守りは、資金繰りの運を向上させる
効果があるとして、人気があります。

お守りを配布している期間は冬至~節分の間となります。
2016年は冬至の日にちが12月21日の平日なので
休日と被らず、休日と重なる年よりは混雑しないと思います。

しかし、冬至の日の配布開始時刻の朝5時には列が
出来ており1~2時間は待つことが考えられるので、
覚悟が必要です。

23日から休日に入るので本格的に混雑するでしょう。

 

クリスマスツリーおすすめは?

冬至の日の入りや日の出について

 

クリスマスの過ごし方でカップルオススメは?

 

冬至は一年で一番昼が短くて夜が長い日
というイメージがあります。

なので、日の出が一番遅く、日の入りが一番
早いというイメージもありますがそれについては
実は違います。

実際は冬至は一年の中で日の入りが一番早く
日の出の時刻が一番遅いというわけでは
ありません。

 

WS000007

 

太陽の南中高度が最も低いというのは
正しいですが。イメージ図を添付します。

日本で日の出時刻が一番遅いのは1月です。
どうして、冬至の日にちとずれるかというと
地球の自転と公転運動に関係していると言われますが
難しい話になるので説明は省略します。





関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ