二日酔いの頭痛!原因や治し方は?薬は効くの?

二日酔いで、飲み会の翌朝の頭痛。
皆さんも経験がありますよね。

その二日酔いの頭痛の原因は、複数あることを知っていますか?
原因によって、治す方法も違うので、今回はその解消法について紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 


スポンサードリンク


お酒がで頭痛がつらい人も、これから飲み会に行く人も
参考にしてもらえると嬉しいです。
 

二日酔いの頭痛の原因 4つは?

原因1 アセトアルデヒド

二日酔いによる頭痛の原因の一つが、アセトアルデヒドです。
アセトアルデヒドは、アルコールが肝臓で分解される際に発生する毒物のようなものです。

肝臓でのアルコール分解図

アルコールは、肝臓の中でアルコール脱水素酵素によってアセトアルデヒドに分解されます。
アセトアルデヒドは、アセトアルデヒド脱水素酵素によって分解され
酢酸になり、最終的には炭酸ガスと水になります。

この分解が十分に進まず、
アセトアルデヒドが体内に残っていると、
二日酔いの頭痛になってしまいます。
だるさや吐き気、気持ち悪さも引き起こします。

アセトアルデヒドによる頭痛を治すには、
肝臓の機能を高め、アセトアルデヒドの分解を促進することが効果的です。

アセトアルデヒドが原因の頭痛かなと思ったら、
肝臓の機能を高めるしじみひまわりの種を食べるといいですよ。
 
 

原因2 脱水症状からくる頭痛

ビールやチューハイなどのアルコールをたくさん飲むと、トイレに頻繁に行きたくなりますよね?
それは、アルコールに利尿作用があるからです。
飲んだ水分より、体から出ていく水分が多いと、体が脱水状態になります。

この脱水状態が原因で頭痛になることもあります。
脱水状態では、頭痛のほか、だるさ、吐き気、食欲不振という症状になることも。

そんな時は、スポーツドリンクオレンジジュースシジミの味噌汁を飲むといいですよ。

 

スポンサードリンク



 

原因3 低血糖症からくる頭痛

低血糖症になることで、頭痛になってしまうこともあります。
肝臓は、大きく分けて「代謝」「解毒」「胆汁の生成分泌」という3つの働きがあります。

代謝 食べ物からとった糖分や脂肪分を分解して貯蔵して、必要に応じてからだに供給
解毒 アルコールや薬などを分解して無毒化
胆汁の生成分泌 脂肪の消化・吸収を助ける働きのある胆汁を生成

このように、普段は肝臓は糖分や脂肪分を分解して貯蔵して、
必要に応じてからだに供給しています。
しかし、アルコールを肝臓で分解していると、
それだけで手いっぱいで肝臓が他のことをできないのです。

その結果、体内に糖分が不足し、低血糖症になってしまうことがあります。

低血糖症になると、頭痛のほかに、だるさを感じたり筋肉痛になることもあります。

低血糖症による頭痛には、ポーツドリンクオレンジジュースがおススメです。

 
 

原因4 アデノシン

アデノシンには血管を拡張する作用があります。
からだの血行を良くしますので、アデノシンが含まれる育毛剤や、化粧品も販売されています。

お酒の中で言うと、アデノシンは、日本酒に多く含まれています。
日本酒を飲むと、体がぽかぽかしてあたたかく感じることが多いですよね。
これは、日本酒に含まれるアデノシンの作用です。

アデノシンにはリラックス効果もあり、ほどほどならば良い気分になり、
からだもぽかぽかして楽しく飲めます。

しかし、摂取しすぎてしまうと、血管の拡張が長く続きすぎて、血管が炎症を起こしてしまいます。
これが、二日酔いのズキズキ脈打つような頭痛につながります。

このような頭痛を解消するには、血管を収縮させるコーヒーを飲むのが効果的です。

 

では、市販の頭痛薬は二日酔いに効くのでしょうか?

  

二日酔いの頭痛を治す薬は?

市販の頭痛薬というと、ロキソニンイブカロナールバファリン
などいろいろありますよね。

市販薬には、以下のような鎮痛成分が含まれています。

イブプロフェン → 炎症をしずめて、腫れや発赤、痛みなどの症状をおさえます。

アセトアミノフェン → 痛みの感受性を低下させる作用

アセチルサリチル酸(アスピリン) → 解熱鎮痛

主に、「痛みを抑える」という効果なので、もちろん頭痛はなくなると思います。
しかし、現実には、痛みがなくなったとしても、痛みの原因がなくなったわけではないので、
根本的な解決にはならないのではないように思います。

「頭痛」はなくなっても、肝臓はフル稼働で疲弊してしまっていますよね。

飲酒後に薬を飲むと、さらに肝臓に負担をかけてしまう恐れもあります。
頭痛薬の注意書きにも「服用前後は飲酒しないでください」とありますので、
飲酒前後に頭痛薬を飲むと、思わぬ副作用があるので、できれば避けたいものですね。

 

肝臓に負担をかけないように、薬以外で二日酔いの頭痛を解消する方法をご紹介しますね。

 

スポンサードリンク



 

二日酔いの頭痛の薬を使わない解消法は?

水分&糖分を補給する

脱水状態になってしまったときは、アルコール代謝で消費された水分を補うことが必要です。

糖分やビタミン、ミネラルも補給できるので、
スポーツドリンクオレンジジュースがおすすめ!
ビタミンCは、アセトアルデヒドの分解も促進するようですよ。

アデノシンなどによる毛管拡張が原因のズキズキ頭痛には、
血管を収縮させるコーヒーがおススメ。

 
 

シジミの味噌汁を飲む

しじみの味噌汁
シジミに含まれるオルチニンLシステインタウリンは、
肝臓の働きを活発にして、アセトアルデヒドの分解を促進します。

オルチニン 肝臓の働きをサポート
Lシステイン アセトアルデヒドと反応して、無毒化
タウリン 肝臓の胆汁の分泌を促進

水分や塩分も補給できるので、しじみがあれば味噌汁にして飲むとよさそうですね。
おいしいですし!

 
 

ウコンのサプリメントを飲む

ウコン
ウコンは、昔から二日酔いの予防にと粉末状にして飲まれてきました。
独特の黄色の色素、クルクミンが、肝臓の胆汁の分泌を促進します。

健胃効果・消化不良改善も期待でき、滋養強壮など消化器周りのサポートにもいいです。
ドイツコミッションEでは、ウコンを消化不全の治療薬として認可しているそうですよ。

ウコンは、スーパーで売っているような食材ではないので、
ドリンクやサプリメントで摂るのがおススメです。

 
 

酵素サプリメントを飲む

酵素サプリメントを飲むという選択肢もあります。

しかし、酵素サプリを飲んだとしても、
アルコールを分解する酵素を補給するということはできません。

ちょっと遠回りですが、以下の流れでアルコールを代謝しやすくする、
体質改善の効果があるようです。

1.酵素は発酵により細かく分解されているので、栄養素の吸収がされやすい。

2.からだの中の消化酵素の働きが少なくて済むので、その分代謝酵素の働きが活発になる。

3.アルコールの分解がスムーズになるので二日酔いがしにくくなる

酵素については、お酒を飲んだ後にいきなり飲むよりは、
普段から飲むことで二日酔いになりにくい体になる可能性がありますよ。

栄養素が分解されているので、二日酔いで弱ったときの栄養補給としても優秀ですね!

 
 

以上のように、二日酔いの頭痛対策にはいろいろな方法があります。

ただ、二日酔いの状態で、いろいろ考えたり買いに行くのはつらいですよね。
手軽に二日酔いに効く栄養素をとれるサプリメントを用意しておくといいかもしれません。
おススメのサプリメントがあるので、紹介します!

 
 

二日酔いの頭痛対策におススメのサプリメントは?

  • 国産しじみエキス粒【Wのオルニチン】

    国産しじみエキス粒【Wのオルニチン】とは?
    国産しじみを手作業で30時間もに出した、しじみエキスがたっぷりのサプリメントです。
    縄文時代から食されてきた「やまとしじみ」にこだわり、「効率化」という時代の波に飲まれず、コツコツと誠実に130年間作り続けている「本物の滋養食」です。
    もっともおススメのしじみサプリメント!

    価格 4900円2450円(送料無料)
    内容量 30日分(17g×3袋)
    おすすめ度 ★★★★★
    • 国産しじみ100%
      多くのしじみサプリが台湾産を使用する中、木曽川産のみを使用!
    • しじみエキスを1日分あたり850mgも使用(他社サプリの100倍)
      1日分のしじみエキスに約55粒のしじみを使用しています。
    • 日本最古のサプリ
      明治15年から現在に至る130年もの間変わらぬ製法を守り続けるまさに「日本最古のサプリ」。

    国産しじみエキス粒【Wのオルニチン】公式サイトへGO⇒

  •  


     

 

二日酔いによる頭痛対策の方法について、いろいろ紹介させていただきました。
二日酔いの頭痛の原因に合わせて、効果のある対処をしてみてくださいね。

とはいえ、飲みすぎは厳禁!
お酒は楽しくほどほどに飲みましょう!





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ