腰痛の原因は?治し方は?ストレッチは?

日本人の30%は、腰痛で悩んでいるそうです。

ズキズキ、慢性的に痛んだり、
物を持ち上げたら、いきなり動けなくなるほどの痛みが発生したり、
「腰痛」といっても、症状や原因はいろいろあります。

腰痛を引き起こす病気の種類から、治し方まで紹介します!
まずは病院に行く前に、腰痛の基礎知識を知っておきましょう。

 

 

 

 

 

 


スポンサードリンク


腰痛の原因は?

 

腰痛

 

まずは、腰痛になる原因を紹介します。

 

腰椎椎間板ヘルニア

 

 

腰痛の原因となる病気には色々ありますが、
一番よく知られているのは、
やはり腰椎椎間板ヘルニアですね。

ヘルニアとは、臓器などが本来の位置からずれてしまっている症状です。
臓器などが中に入り込んでしまうもの、
逆に外にはみ出てしまうものなど、色々な症状があります。

ヘルニアにかかる部位を挙げていくと、
脳、頚椎、椎間板、横隔膜、腹壁、臍、閉鎖孔など、
体中のあらゆる箇所になります。

ヘルニアというと、腰のイメージが強いかもしれませんが、
このようにありとあらゆる部位でこの病気にかかる恐れがあるので、注意が必要です!

腰椎椎間板ヘルニアが沢山の腰痛の種類の中でも特に有名なのは、
やはりかかる人数の多さでしょう。

そして、かかっている人数が多いということは、
自分もかかる可能性があるということです。
そのため、予防の方法をしっかり知っておく必要がありまね!

予防の方法は色々ありますが、
日頃から適度な運動をしておく、ということがとても重要です。

過度な運動では逆効果ですよ!

過度な運動は、腰などあらゆる関節に過剰なダメージを与えてしまうので、
かえってそれが原因で腰椎椎間板ヘルニアにかかってしまうことも考えられます。

あくまで関節などを強くするための、適度な運動を心がけてくださいね!

他にも、予防のための腰バンドやコルセットなども売られていますので、
そうしたアイテムも活用するといいのではないでしょうか。

 

 

脊柱管狭窄症

 

 

脊柱管狭窄症は、腰痛の種類の中でも特に名前が変わってますね。
せきちゅうかんきょうさくしょう と読みます。

脊柱管狭窄症の原因を簡単に説明すると、
からだの真ん中に「脊髄」「馬尾」と呼ばれる神経があるのですが、
それが圧迫されて、しびれたり痛んだりすることが原因となっています。

もっとも、これは脊柱管狭窄症の痛みの原因であり、
その痛みがそもそもどう生じたか、という説明にはなりません。

そうした根本的な理由も解説すると、
主に加齢によって起こると言われています。

年をとるとともに、骨密度が低くなるなど、
骨が全体的に弱まってくるため、
こうした症状が発症すると言われています。

また、年をとっていなくても、
運動不足によって筋力が低下していると、
筋肉によるこの部位に対するサポートがなされないため、
骨にかかる負担が大きくなり、
さほど骨が弱くなかった場合でもこの脊柱管狭窄症になりやすい、
と言われています。

脊柱管狭窄症で代表的な症状は、
間欠性跛行というものです。

これは、簡単に言うと「痛くて歩けない!」というものです。

ある程度の距離を歩くと、すぐに脚に痛みが発生してしまい、
休み休みでないと歩けない、という状態になってしまいます。

当然仕事もしにくくなるため、特に高齢者の方にとって、
深刻な悩みになりそうですね。

対策としては、やはり骨を鍛えるのが一番でしょう。
適度な運動と、適切な栄養、睡眠を意識するようにしましょう!

 

坐骨神経痛

 

 

坐骨神経痛は神経痛の一種です。

沢山の種類があるこの症状の中でも、
特に坐骨の神経が刺激されることによって起こるものを、こう呼びます。
病名ではなく、あくまで一つの症状である、ということがポイントです。

坐骨とは、お尻の骨のことです。
座ったときに、座席に当たる部分ですよ。

坐骨神経痛の原因は、様々です。

坐骨が圧迫されることや、
脊椎の関連部分が圧迫されること、
椎間板ヘルニアへの罹患、腰椎すべり症への罹患など、
非常に多岐にわたっています。

あらゆる腰痛の種類と関わっているというのも、この症状の特徴の一つかもしれません。

腰痛の原因の中でも、坐骨神経痛は比較的よく耳にするものですが、
理由の一つに、これに罹患してしまった有名人が多くいる、
ということが挙げられます。

例えばプロゴルファーの尾崎将司選手、
大相撲の魁皇力士、お笑いタレントの出川哲朗さんなど、
あらゆる有名人の名前が挙げられます。

他にも、ここに名前を挙げきれない有名人の方々が多くかかっており、
その体験談などもインタビューなどで話されていることから、
この症状の知名度が高くなりました。

治療には、他の腰痛の種類同様、鍼灸が有効な方法の一つと言われています。
殿圧点などの多くのツボへの刺激が有効と言われており、

鍼灸院でこれらのツボを刺激してもらえば、
かなり痛みがやわらぐのではないかと思います。

 

 


スポンサードリンク


ぎっくり腰

 

 

「ぎっくり腰」は急性腰痛症のくだけた呼び方であり、
欧米では「魔女の一撃」と呼ばれることもあります。

洋の東西を問わず、どこかユニークな呼び名になっているのは、
笑いに変えることで、少しでも痛みをやわらげようと
したのかもしれませんね!

ぎっくり腰の予防に関しては、
昔から「おばあちゃんの知恵」のような形で、
多くのノウハウが語り継がれています。

それらはとても基本的なものが多いですが、
基本的だからこそ、とても重要で効果的な予防方法なのではないでしょうか。

例えば、
重い荷物を持つ時は、無理な体勢で持たないということ。

胴体に負担がかかる持ち方ではなく、
膝の上下によって持ち上げる持ち方にすると、
予防に効果的と言われています。

そうした持ち方をするには、足場の悪い場所は避ける必要がありますね。

また、睡眠不足、栄養不足、ストレスなど、体が弱っている時も症状が出やすいので、
こうした時には無理をしないということが必要です。

と言うより、そもそもそうした状態にならないことが大切でしょう。

これらを意識して、予防に努めたいものですね!

 

 

脊椎分離症・腰椎分離症

 

 

脊椎分離症は、あらゆる腰痛の種類の中でも、
特に若いスポーツマンによく見られるものです。

早ければ10代の前半からすでに発症しますし、
ある程度年配の方でも、体力があり、
激しいスポーツを好んでする方に、多く発症しているようです。

他の腰痛の原因が、運動不足などが多いのと比較すると、
脊椎分離症の場合は対照的と言えるかもしれません。

基本的に、運動のし過ぎが原因で起きたものですから、
保存療法(主に安静にすること)によって、よくなります。

特に痛みが激しい時期は、コルセットなどを使うのも有効です。

休んでいる間に、腹筋や背筋など体幹部の筋力が少し落ちてしまうため、
他の腰痛の種類の予防もかねて、復帰後は無理をしない程度に、
これらの部位の筋肉を鍛えていきましょう。

また、腰椎分離症という、同じような原因で起こるものもあります。
これは、起こる部位が脊椎から腰椎に変わったもので、内容はほとんど変わりません。

ただ、こちらの腰椎分離症の場合は、先天的な原因で発症することもあります。

先天的な原因の場合、休んでいるだけで回復、
というわけにはいきませんが、適切な治療によってある程度は回復します。

いずれの症状の場合も、栄養、睡眠、適度な運動は必要ですので、
これらを大事にしていきましょうね!

 

 

腰痛の治し方は?

 


スポンサードリンク


 

つぎは、腰痛の治し方をご紹介します。
症状によっていろいろな治療法がありますよ。

ストレッチ

ストレッチ

 

ストレッチは腰痛の対策としてとても有効と言われています!

そもそも私たちがなぜぎっくり腰などの症状になるかというと、
筋肉が凝り固まって、柔軟性を失っているからです。

こうした筋肉が柔軟になり、
多少の負荷に耐えられるようになっていれば、
ぎっくり腰などの症状は起こらないのです。

そうした予防的な腰痛の対策として、
ストレッチは重要であるわけですね。

やり方については難しく考える必要はありません。
学校の体育の授業などで習った柔軟体操を、
思い出した時にやっていくようにしましょう。

やってみるとわかりますが、前屈10秒でも十分きつく、
効果があるものです。

例えば6種類の柔軟体操をそのように10秒ずつやったとしても、
1分しかかかりません。

たったの1分の運動で腰痛の対策になると考えると、
ストレッチがどれだけ手軽で重要であるか、
わかるかと思います!

 

 

シップ(湿布)

シップ

 

シップを貼る場合、痛みの内容によって、
種類を使い分ける必要があります。

特にスポーツをしていた人は、ケガの応急処置の知識として、
よく知っているかもしれませんね。

急性の痛みに対しては、冷たいシップを使います。
急に症状が出る場合には、
炎症などを起こしている恐れがあり、
冷やす必要があるからです。

一方、
長期間続いている慢性の痛みに対しては、温かいシップを用います。

慢性の症状の場合は、
血の巡りが悪くなっていることが原因である場合が多いからです。
こうした血行の悪さを改善するために、温かい湿布を貼る必要があります。

温かい湿布には二つのタイプがあります。
一つは、それ自体が温かいもの。
もう一つは、カプサイシンという成分を含んでいるものです。

カプサイシンは、ご存知の方も多いかも知れませんが、
唐辛子に多く含まれている成分で、
血管を拡張させるなどして、体温を上げる効果があります。

これが含まれたものを体に貼り、
その成分を体内に浸透させていくと、
慢性の腰痛の対策になるわけです。

また、それ自体が温かいものも、
もちろんその温度によって血行改善につながるので、
効果的です。
痛みに悩まれている方は、一度湿布を試してみてくださいね。

 

コルセット

コルセット

 

コルセットも、腰痛の治療用のアイテムとしてオススメです。

これにも、症状に合わせて実に多くの種類があります。

例えば、急に痛くなった急性の症状に対しては、
かなり固定力の強いものを使います。

これは効果的ですが、動作が相当制限されるので、
少し動きにくいです。

長い間症状が出ている慢性のものの場合、
慢性用のコルセットがあります。

これは、急性用に比べると、動作はさほど制限されません。

また、お仕事がら腰痛の対策が必要だけど、
あまり目立つものはしたくない、という方には薄型のものがあります。

具体的にいうと、ヘルパーや介護士の方々が、
こうしたものを使います。

こうした職業だと、介護が必要な方を持ち上げることがあり、
腰痛の対策が必要だからです。

しかし、サービス業であるため、
あまり不恰好な目立つものは装着できず、
こうした目立たないタイプのものが必要になるわけです。

また、スポーツ選手用のものもあります。

スポーツ選手も体への負担が大きいため
こうしたコルセットが必要なのですが、
誰よりも動作がスムーズでなくてはならないため、
そうした矛盾を解決するために、
工夫をこらされた特殊なタイプのものを使用します。

このようにさまざまな物があるので、
用途に合わせて使い分けてくださいね!

マッサージ

マッサージ

 

腰痛の治療方法で、一番一般人でも行いやすいものは、
やはりマッサージでしょう。
ここではそのやり方について書いていきますね。

マッサージのやり方は、大きく3つです。
「さする」「揉む」「つまむ」です。

「つまむ」を日常行う人は少ないかもしれませんが、
「さする」「揉む」は、多くの方が行なっているのではないかと思います。

「揉む」の場合は、腰の筋肉をほぐすように、
柔らかく行います。

くれぐれも、あまり力を入れ過ぎないようにしましょう!

自分でやっても人にやってもらってもいいですが、
人にやってもらう方がより効果的であると言われていますよ!

理由は、人間の体は、他人に触られた時、
より敏感に反応するからです。

もちろん、コミュニケーションが取れていない相手では逆効果ですが、
気を許せる友達などであれば、
誰かにマッサージしてもらった方がより効果が上がりそうですね。

つまむ治療方法は、元々漢方の世界でよく知られているもので、
揉捏法(じゅうねつほう)とも言いますが、
これは素人の場合、本来の理論通りにやるのは難しいでしょう。

ただ、自分でつまんで皮膚を伸ばしているうちに、
血行がよくなり、気持よく感じられる時があります。
それを感じながら、自分にとって
気持ちいいつまみ方を探していくのがオススメです。

こうしたマッサージはとても有効なので、試していただくといいと思います。

 

 

カイロプラクティック

 

カイロプラクティックは、あらゆる疾病の原因が、
脊椎などの歪みにある、という立場に立っています。

そして、その歪みを直せば症状も改善する、
という考え方をしています。

漢方や整体の発想と、とても近いですね。

カイロプラクティックは、非常に高い効果を挙げていますが、
その理論については、科学的に根拠が明らかにされたものは少ない、
と言われています。

しかしながら、それはこのやり方が間違っているという理由にはなりません。

例えば、飛行機が空を飛べる理由も、
科学的には完璧に明らかにされていないのです。
それでも、実際にあの構造で飛ぶということが
とりあえずわかっているので、そのやり方でずっとやっています。

カイロプラクティックの理論もそれと同じで、
科学的に有効な理由が明らかにされていなくても、
実際、長い間多くの方の症状を改善しているわけなので、
それ自体がすでに科学的なデータと言ってもいいでしょう。

ただ、脊椎に大きな力を加えるものであるため、
未熟な施術師の場合は、痛みが逆に
ひどくなってしまうことも考えられます。

口コミなどでいい治療院を探すといいと思います。

 

 

色々試しても、よくならない場合は、
病院で手術するという方法もありますので、
無理をせず、お医者さんに相談してくださいね!





関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ