お酒の酔いを少しでも早く覚ます方法7選!

飲み会が多いと楽しいのは楽しいのですが、
やはり気になるのが飲み過ぎた時の気持悪さですよね。

アルコールってやつは飲めば飲むほど体調が悪くなるので、
その点は気を付けて飲むことが必要ですよね!

 

 

 

 

 

 


スポンサードリンク


ただ、忘年会や新年会、送別会や歓迎会などは、
ついたくさん飲んでしまうことも多くなりますよね。
そんな時、「早く酔いを覚ましたい」と思うこともあります。

 

WS000016

 

意外と酔いを早く覚ます方法はあるので、今回はその方法について紹介したいと思います。

毎日飲み会がある人はもちろん、お酒が弱い人など、
色々と参考にしてもらえると嬉しいです。

 

1.飲み物を飲む

WS000003

 

アルコールが体内に入ると、肝臓が必死に分解してくれようとしてくれます。

しかし、アルコールを分解するというのは、思っている以上に水分を使うわけです。

その分解が追い付かないと、二日酔いになってしまうわけですね。
つまり、酔いを早く覚ますためには、アルコールの分解が必要不可欠ということです。

飲んだ後は、アルコールを含まない水分を多めに摂取するようにしてください。

目安としては、水500ml程度飲むと良いです。
これで、ある程度のアルコールを分解することができるはずです。

水よりもさらに効果的なのがオレンジジュースです。
実験によると水よりも3割ほど、アルコールを分解する働きがあります。

果汁100%のものが一番効果があります。
また、果汁に含まれる糖分がアルコール分解を助けてくれます。

スポーツドリンクも水より効果的です。
体内により早く浸透するので水よりも効果的に水分補給できるからです。

ただ、お酒を飲んでいる最中に併用すると
アルコールがより早く吸収されて危険なので
止めておきましょう。

 

 

2.食べ物を食べる

 
WS000004

 

酔った時には、シジミなどが効果的と言われていますよね!
これはシジミに含まれる成分が、肝臓の働きを助けてくれるため、
昔から言われていることなのです。

実際、何も食べずに飲むと酔いやすいですし、
酔った後に何も食べずに眠ってしまうと
二日酔いになりやすい訳です。

もちろんカロリーの高すぎる食べ物や油っこい食べ物は
避けておきたいですけどね。

シジミなどの肝臓の働きを助けてくれる食べ物は、
眠る前に食べても良いですし、翌日食べても良いです。
とにかく肝臓という臓器は寡黙で必死に仕事だけしてしまうものです。

そのため、体調不良になっても頑張って働いてしまうわけです。
また甘いものも効果があります。

飲酒すると体内の糖分がどんどん失われて
血糖値が下がってしまいます。

肝臓でアルコールを分解するには糖分が必要なのです。

 

 

3.ツボを押す

 

 

酔ってしまった時は、ツボを押すという方法もありますね!

「ツボなんて本当に効果があるの?」と思う方もいると思いますが、
実は結構効果があります。

実際に酔いやすい自分が使ってみたツボもあるので、
そちらも合わせて紹介していこうと思います。

ツボは指があれば押せるし、
何よりどこでも押せるというのが良いですね。

まず一つ目のツボが合谷(ごうこく)です。
これは親指と人差し指がV字に交わっているところ。

個々を押すことによって、二日酔いの吐き気だけでなく
頭痛や腹痛、下痢や便秘にも効果があると言われていますね!

その他、内関(ないかん)なども効果的です。
これは、手首の下に位置しているもので、指三本分のところに位置しています。

このツボは乗り物酔いなどにも効果的だと言われていますね。

さらには、胸の中央下に位置している巨闕(こけつ)も
効果的と言われています。

頭痛がある時は百会(ひゃくえ)という頭頂部にある
ツボを刺激してみましょう。

色々とツボがあるので、酔った時はプッシュ!

 

 

スポンサードリンク


4.吐く

 
WS000005

 

酔ってしまって、どうしても気持ち悪いという時には、
吐いてしまうというのが良いです。

胃袋の中に食べ物や飲み物がたくさん入っていると、
人間は不調を感じることが多くなります。

当然飲む時には、暴飲暴食になってしまうことも多く、
体調が優れなくなることもありますからね。

吐くだけで気持ちがスッキリするし、胃袋の中にあった
不快感が消えるので、それだけで楽になります。

ただ、酔いに関しては吐いても覚めるということは
少ないかもしれません。

一度身体に吸収されてしまったアルコールは、
吐くことで体外に排出することはできません。

一度身体に吸収されると、肝臓などが分解するのを待つしかなくなります。
吐くなら早めに吐いてしまうのが楽なのかもしれませんね!

根本的には、吐く理由は、吐かないと
からだが危険な状態にあるからであって、
急性アルコール中毒の一歩手前なわけです。

いつも飲みすぎて吐きやすい人は、注意しましょう。
また吐き気を催した場合は我慢しないようにしましょう。

 

 

5.薬を飲む

 
WS000011

 

酔いに効果のある薬を飲むという方法も有効です。
近年は「ウコンの力」や「ペハリーゼ」などの
ドリンクタイプのものもあります。

それらを薬と言えるかどうかはわかりませんが、
酔った時にはとても効果的です。

もちろん、酔う前に飲んでおくのも良いので、
飲み会があることが分かっている場合は飲んでおきましょう!

また、胃薬や胃腸薬というのも効果的なので、
身体の中を整える意味でも飲んでおくと良いです。

ちなみに、胃袋や肝臓、腸などの消化器系は体調により
働きも左右されます。
普段から不健康な生活をしていると、
機能が低下している可能性も高いです。

そうならないように、しっかりと考えて飲むことが必要となりますね。
要は身体のことを考えて、
適度に飲む量をコントロールしましょうということです!

 

6.時間が過ぎるのを待つ

 

 

これは苦肉の策ですが、時間が過ぎるのを待つのは
酔いを覚ますのに効果的です。

ある程度のアルコールの量であれば、
しっかり分解されれば大丈夫です。

時間が経てば不快感も治まりますし、
身体の不調も治ることでしょう。

もちろん時間が経つのを待つには、眠るのが一番です。
ただ、眠っている間も肝臓は働き続けるので、
肝臓の働きを助ける飲み物や食べ物を摂取しておくことが必要となります。

そのまま眠ってしまうだけだと、身体は疲れるし、
肝臓が働き続けて疲れ果ててしまいます。

待っている間は、極力身体に負担をかけないようにすることが必要です。

例えば、飲んだ後にカラオケで朝までオールなどをしてしまうと、
当然身体もヘトヘトになります。
考えて行動することが必要となりますね!

 

 

7.お風呂やシャワーに入る

 
WS000007

 

酔いを覚ますのなら、
お風呂やシャワーに入ることも効果的だと言えます。
何より気分がスッキリするので、体調が整います。

また、身体を温めることによって内臓の働きを促進し、
血液循環もサポートすることができます。

身体の巡りが良くなるので、酔いの気持悪さも
覚めていくかもしれませんね。

ただ、気を付けておきたいのは、
泥酔している状態でお風呂やシャワーには入らない
ということです。

そんな状態で入ってしまうと、血液循環が良くなるせいで
アルコールの回り具合も増えてしまいます。

また、お風呂に入ると汗をかいて水分を失うので
お湯に浸かるときはぬるめのお湯で水分補給をしながらにしましょう。

お風呂やシャワーに入る場合は、
眠ってしまわないようにすることも重要です。

少なくとも泥酔している場合はシャワーだけにし、
早めに上がってくることをおすすめします。

もちろん湯冷めして風邪を引かないように注意してくださいね!

 

スポンサードリンク



 

アルコールを飲む量に注意

 

 

楽しくなってくると、
ついつい飲み過ぎてしまうなんてこともありますよね。

それはよくありますし、仕方ないことだと思います。
しかし、飲むアルコールの量に関しては、
自分で調節することが必要です。

誰が止めるでもないものなので、自分で飲む量を抑えることが必要となります。
もちろん酔ってしまいやすいという方は、
最初から量を抑えて飲むなど、工夫が必要です。

無理にお酒を勧めてくる人に関しては、
断る勇気も大事です。

自分の身を守れるのは自分だけですからね!

 

まとめ

飲み会前には空腹を避けてたんぱく質や脂肪を摂取する。
時間が無い場合は、バターやオリーブ油、プロテインを
摂取するのがオススメ

酔いを早く醒ましたい場合はオレンジジュースや
甘いもの、炭水化物を食べると効果的

胃が痛い場合は胃薬を飲むのもよい

 

二日酔いの症状の頭痛!原因や治す薬は?

飲み会前にしておくべき対策





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ