RSウィルスの大人の症状は熱や痰や咳、下痢?薬や治療方法や肺炎喘息は?

RSウィルスのRSは「Respiratory Syncytial」
つまり「呼吸器の合胞体」の略です。

感染をするとウィルスと呼吸器の細胞が合体し
1つになるので、この名前がつきました。

ノドや気管支に感染し、風邪や喘息のような症状を
出すウィルスです。


スポンサードリンク


2歳までにほとんどの人がかかる感染症で、
感染を繰り返すことで免疫ができ大人は症状が出にくい
感染症なのです。

では、大人はRS感染症にならないのでしょうか?
また、症状は大人と子供とでは変わるのでしょうか?

今回は、RSウィルスの治療法などを紹介していきます。

 

 

RSウィルスは大人もかかるの?

 

 

RSウィルスは、RSウィルスに感染することで
2歳までには100%の人がかかる病気です。

特に秋の終わりから春先の寒い頃に流行し、
風邪に似た症状が出ます。
乳幼児は重症化しやすいので注意が必要です。

また、一度かかっただけでは免疫はできません。
繰り返し感染することで免疫がついてきます。
そのため、大人はRSウィルスに感染しにくいです。

感染したとしても軽い症状で済むことが一般的です。
しかし、免疫力が低下しているとき、
呼吸機能が低下している高齢者、
肺に慢性疾患を持っている方は、重い症状が出ます。

 

 

ノロウィルスの感染経路はトイレや空気感染?消毒は?図で説明!

ノロウィルスの検査料金は保健適応?即日で結果出る?キットの値段は?

ノロウィルスの潜伏期間は短い?幼稚園や給食や赤ちゃんの予防対策は?

ノロウィルス2015の大人の症状は下痢や嘔吐?子供や高齢者が危ない?

ロタウィルスの子供の症状は嘔吐?大人との違いや潜伏期間や感染経路は?

ロタウィルスの便は黄緑色でにおいは?いつまで潜伏?画像写真や処理は?

ロタウィルスの予防接種はいつまで?費用や効果は?副作用は下痢で必要か?

大人の症状はどのようなもの!?

 

 

RSウィルスに大人が感染したとしても、
症状は子供と同じです。
前述のとおり子供より症状は軽めになります。

RSウィルスの症状とは下記のとおりです。

・透明の鼻汁、咳、痰。
・38度前後の発熱。
・喘息のような咳が出る。
・呼吸数が多くなる。
・肋骨の下がへこむ(陥没呼吸)となり、呼吸困難。

RSウィルスは風邪に症状が似ているので、
大人の場合は感染しても風邪だと勘違いすることが多く、
2歳未満の子供への二次感染を引き起こすことがあります。

子供の場合は、風邪よりも喘息のような症状が出やすく、
大人よりも症状が重くなります。

喘息様気管支炎との病名がつけられていたことがあるので、
大人であっても、喘息のような咳が数日続くのであれば、
病院へ行くことを強く勧めます。

子供を看病することで、親が二次感染を起こし、
子供より重篤になるということもあります。

また、RSウィルスに感染した方の中に、
下痢の症状を訴える方がいます。

ただ、RSウィルスに感染しても下痢にはなりません。
RSウィルスとは別の原因で下痢になります。


スポンサードリンク


 

 

治療方法はあるのでしょうか?

 

 

RSウィルスの治療方法は、対症療法です。
場合によっては抗生物質を使用しますが、
基本は対症療法になります。

対症療法とは、熱があったら冷えピタのようなもので
冷やすといった症状を緩和させ、
自然に治るまで待つ治療法です。

RSウィルスは、通常1週間~2週間程度で治ります。
症状が治まっても1~3週間はRSウィルスが他人に
感染する可能性があります。

もう1つの治療法である、抗生物質の処方ですが、
RSウィルスに抗生物質は効きません。

さらに、抗生物質は体内の善玉菌まで殺すので、
抗生物質を飲んだことにより腸内バランスが崩れ、
下痢になることがあります。

RSウィルスで下痢の症状を訴える方は、
抗生物質の副作用である可能性も考えられます。
なるべくは薬に頼ることなく治すのが望ましいです。

水分をしっかり補給し栄養を摂り、保温をして安静にして、
過ごすことです。

特に脱水症状から重篤な呼吸困難などへ
発展する可能性があるので、脱水症状となるのであれば、
入院も視野に入れておきましょう。

 

 

大人は喘息や肺炎を起こすのでしょうか?

 

 

RSウィルスに感染した子供は喘息になるという
誤った認識があります。

RSウィルスには、2歳未満の100%の子供が感染します。
この誤った認識では全人類が喘息になります。

ただの風邪として適切な治療を受けなければ、
喘息になるのみならず、肺炎を患う可能性もあります。

ただし、喘息も肺炎も初めてRSウィルスに感染する
乳幼児に多く見られる症状であり、数回感染をしていると
喘息や肺炎になるリスクは大きく下がります。

前述しましたが、免疫力が下がっている方、
呼吸機能が弱っている高齢者、肺疾患を持つ方は、
大人だからといって、RSウィルスを侮ってはいけません。

RSウィルスの赤ちゃんの入院期間やお風呂は?目安基準や費用や1歳や2歳は?

RSウィルス感染症の予防接種の費用や副作用や間隔は?シナジスは何歳から?

RSウィルスの潜伏期間や感染経路は?検査キットは保健適応?料金や耳鼻科は?

RSウィルスの子供の症状は高熱や嘔吐?ピークや保育園の登園許可症は?


スポンサードリンク


関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ