クリスマスイルミネーションの家庭用の注意点は?自宅屋外やLEDの電気代は?

クリスマスといえばイルミネーションですよね!
屋内にクリスマスツリーを飾るという方も入れば、
屋外に様々なイルミネーションを飾るという方も増加
していますね。

クリスマスシーズンに住宅街を歩いていると、個人宅
とは思えないような煌びやかなイルミネーションを
飾っている家庭もあります。


スポンサードリンク


「いったいいくらかかっているのだろう」
そう思う方も多いのではないでしょうか?
今回は、家庭用のイルミネーションに対するアレコレを
紹介していきたいと思います。

 

 

クリスマスイルミネーションについて

 

 

WS000000

クリスマスイルミネーションは、全国各地で楽しまれて
いるイベントの一つです。
しかし、近年は見に行くという方が多い一方で、自宅を
イルミネーションで飾りたいという方も多くなってきて
います。

クリスマスのイルミネーションにはそれぞれテーマや
種類があり、自分たちが表現したい世界観を作ることも
できるものです。

LEDなどを利用して、キラキラとした装飾を飾りつけ、
クリスマスシーズンだけの期間限定という雰囲気がより
楽しさをアップさせてくれるものとなっています。

近年は、住宅街でイルミネーションを楽しむ方も多く、
それが夜道を照らし、犯罪予防や町の景観づくりにも
一役買っていると言われています。

中には驚くようなイルミネーションを飾っていて、
その地域で話題になっているような一般住宅もある
ほどです。

あなたの近所にも、そういった方がいるのではない
でしょうか?

 

 

屋外と屋内での違い

 

 

イルミネーションは屋外用と屋内用があります。
一般的には屋内用のクリスマスツリーを飾るという
方が一般的なのではないでしょうか?

クリスマスツリーだけを飾るのなら、そこまで負担が
かかるということはないですし、用意も比較的簡単
なので、多くの家庭で楽しまれています。

屋内クリスマスツリーは様々なサイズがあり、
それぞれ店で販売されています。
子供たちがいる家庭はもちろん、同棲中のカップル
まで様々な人が楽しんでいるのが家庭用の飾りつけ
ですね。

屋外に関しては、家の壁や窓、屋根や玄関などを
利用して、様々なイルミネーションを飾ることが
できます。

少し費用がかかるものの自分の家をデコレーション
できるという雰囲気が楽しく、多くの方が毎年の
ようにイルミネーションを行っています。

屋内用も屋外用も電気代がかかるので、その点は
あらかじめ確認しておくことが必要となりますね。

 

 

家庭用の注意点

 

 

家庭用のイルミネーションを行う時の注意点と
しては、やはり電気代についてですね。
イルミネーションは、キラキラした電飾を
使っていることから、電気代がかかってしまう
のは当然です。

基本的にイルミネーションの電気代はそこまで
高いというものではないですが、場合によっては
なかなか高くなってしまうこともあるので、
その点は十分注意しておいた方が良いと言えます。

また、外に様々なオブジェやイルミネーションを
飾る場合は、子供たちが近づかないようにするよう
注意しておくことが必要です。

躓くこともあるし、転倒してしまうこともあるので、
大人が見ているところ以外では、基本的にあまり
近づけないようにしておくよう注意が必要です。

もちろん家庭用クリスマスツリーも同様に、子供たちが
近づいてぶつかったりしてしまわないように注意する
ことが必要となります。

 

 

気になる電気代は?

 

 

クリスマスイルミネーションは、使用するLEDの数や
量によって、電気代も大きく異なります。
また、屋内だけで楽しむのか、屋外でも楽しむのかに
よって、電気代も異なってくるので、十分注意する
ことが必要です。

まずは電気代を求める計算式を以下に紹介します。

消費電力(W)÷1000×使用時間×1kWh当たりの電気料金
=イルミネーションの電気料金(円)

基本的に室内でクリスマスツリーを飾っておくだけで
あれば、電気代は月に20円程度
です。

LEDが200個程度使われているクリスマスツリーの
消費電力は約6Wなので、それを1日5時間点灯した
場合以下のようになります。

6W÷1000×5時間×30日×22円/kWh=19.8円

そう考えると、自宅でクリスマスツリーを飾るだけ
であれば、そこまで電気代は気にする必要はあり
ませんね!

ただ、気を付けておきたいのが、屋外まですべて
イルミネーションを飾るという場合です。
この場合は、計算すると月に数千円から数万円に
なる可能性があります。


スポンサードリンク


よくある家全体がキラキラしたイルミネーションの
住宅などは、月々に数千円から数万円電気代が
かかっている
こととなります。

 

 

WS000001

ちょっとした小話をここでひとつ。
イルミネーションとは若干異なりますが、電気代だけ
で見てみるとラスベガスは物凄い金額を月々使って
いることが分かっています。

ラスベガスはカジノ大国ということもあり、月々
数千万円ほど電気代を使っている店もあるほどです!

一般住宅とは全く関係ないですが、その分電飾が
多くなればなるほど電気代は高くなるということです!

ただ、本格的にイルミネーションをするのではなく、
家やクリスマスツリーを飾っておくだけであれば、
月々20円程度~200円程度で済みます。

あまり電気代のことは考えずに、楽しくクリスマスを
飾っていくのが良いかもしれませんね。
むしろ、電気代というよりもイルミネーションの
装飾品などを購入する費用の方がかかるかもしれ
ません。

自宅の外にイルミネーションを飾る場合には
点灯時間には注意しましょう。

家の周りには見物する人でごったがえす可能性も
あります。あまりに遅くまでイルミネーションを
点灯しておくと、近所の騒音迷惑となってしまいます。

 

 

レンタルを利用するという手段

 

 

イルミネーションを始め、飾りやオブジェを借りる
という方法もあります。

いわゆるレンタルを行っているショップもあるので、
この時期だけしか利用しないなら、レンタルした方が
お得かもしれません。

レンタル料に関しては、1日換算のものや月換算の
ものなどがあるので、利用状況に応じて使い分けて
行くのが良いと言えます。

クリスマスイルミネーションに関しては、11月ごろ
から始めるという方もいますし、年末まで飾っておく
という方も多いです。

そういう場合は、購入した場合の方が後々安くなる
場合がありますが、レンタルの場合は保管しておく
場所も取らないので、非常に便利だと言えます。

上手に使って、より楽しいクリスマスライフを送り
ましょう!

 

 

クリスマスプレゼント2015の彼氏彼女へオススメは?手作りで簡単なのは?

子供会のクリスマスプレゼントで人気は?3,4歳の年齢で男女別に紹介!

旦那へのクリスマスプレゼントランキング!マフラーや財布の予算は?

クリスマスデート2015の関東東京神奈川のオススメ場所は?ランキングまとめ!

シャトレーゼのクリスマスケーキ2015は?売れ残りは値引き?アレルギーは?

セブンイレブンのクリスマスケーキ2015人気は?半額購入やキャラデコは?

ローソンのクリスマスケーキ予約は?プリキュアやアイカツ、ウィザードについては?

ファミリーマートのクリスマスケーキ2015は?初音ミクやコンビニ予約方法は?

ソーラー(太陽光)を利用する方法

 

 

WS000002

近年ソーラーを利用してイルミネーションを点灯
させるという家庭もちらほら増えてきています。

もともと太陽光発電などは、一般家庭にも普及して
きていることもあり、昼間発電した電力を使って、
夜のイルミネーションに活用することもできる
ようになっているのです。

ソーラーはどのような家庭でも基本的に利用する
ことができますし、もちろんイルミネーション
以外にも活用することができます。

普段利用する電気の発電も行うことができるので、
上手に使えば電気代を抑えることもできるでしょう。

ソーラーパネルを設置するのに費用がかかるものの、
一度設置すれば半永久的に電力を生み出すことが
可能なので、利用する価値はとても大きいと言える
でしょう。

大規模なイルミネーションを毎年のように行う方は、
ソーラーパネルの設置も検討してみると良いかも
しれませんね。

ただ、太陽光は天候に左右されることが多いので、
雨の日や曇りの日、さらには雪の日などは発電効率が
格段に低下してしまうので、その点は注意が必要と
なります。

クリスマス飾り付けは手作りの100均折り紙でオシャレに!部屋の壁や玄関は?

クリスマスツリー2016まとめ!ニトリIKEAやフランフラン無印の価格比較は?

クリスマスの過ごし方で日本と海外の違いは?ドイツやアメリカの意識調査!

クリスマス過ごし方ランキング!カップル彼氏彼女向けのホテルやデートスポットは?

クリスマス過ごし方2016は?ひとりや友達家族や大学生、女子会向けに紹介!

クリスマスイルミネーション2016ランキング!東京横浜関西の穴場を紹介!

クリスマスイルミネーションは、そこまで電気代が
かかるということではないので、チャレンジしてみたい
という方は、積極的に楽しんでみましょう!


スポンサードリンク


関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ