クリスマスの過ごし方で日本と海外の違いは?ドイツやアメリカの意識調査!

クリスマスはもともと海外のものですが、日本は
日本の過ごし方、アメリカはアメリカの過ごし方など、
それぞれの国によって過ごし方が違います!

その違いを見てみると、意外と面白いことも見えてきて
クリスマスがもっともっと好きになりますよ。
中にはちょっと面白い過ごし方をする国もあるとか!


スポンサードリンク


そこで、今回はそれぞれの国のクリスマスの過ごし方に
ついて紹介しますね!

※各国のアンケートなども参考にしています。

 

 

クリスマスの過ごし方【日本編】

 

 

WS000014

まずは日本の過ごし方から見ていきましょう。もはや、
クリスマスは定番中の定番イベントとなっていますが、
日本独自の過ごし方をしているって知っていました?

その独自の過ごし方とはクリスマスケーキです!
「え?クリスマスケーキってどこの国でも食べている
のでは?」と思う方も多いかもしれません。
しかし、この文化は実は日本が主流なのです。

アメリカは、クリスマスケーキは基本的に食べません。
ドイツも食べないし、イギリスも、フィンランドも
食べることは少ないです。

実は大手お菓子・ケーキメーカーが、デコレーション
ケーキを流行らせたからこそ、日本ではクリスマスに
ケーキを食べる習慣が根付いたんですよね!

過ごし方としても様々で、日本人は恋人と過ごす方も
いれば、家族と過ごす方も多いです。
もしかすると一人で映画を見て過ごすという方もいる
かも知れません。

 

 

海外の場合は、比較的家族で過ごすことが一般的
クリスマスには実家などに集まってくることが
一般的と言えます。

日本人のクリスマスの過ごし方は、海外の人から
見ると「ちょっと不思議だね」って思われるかも
しれないのです!

それでも、日本には日本の過ごし方が定着して
いるので、今後もクリスマスケーキを恋人や家族
と食べて過ごすという方が多いかも。

最近だと旅行に行ったり、映画を見たり、女子会したり
と、もはや様々なイベントが複合した日になって
きています。

それもまた日本の過ごし方としては面白いかもしれ
ませんね。
はたまた仕事という方もいるかもしれません。

多種多様なクリスマスの過ごし方ができるのは、
無宗教と言われる日本独特の特徴なのかもしれ
ません。

 

 

クリスマスの過ごし方【中国編】

 

 

WS000015

中国は一見するとクリスマスとは無縁の国だと思って
いる方も多いのではないでしょうか?
しかし、中国にも数年前からクリスマスの習慣が入る
ようになってきて、毎年盛大に祝われています!

中国という国は広大な土地があり、都市部と田舎部で
別れています。
主にクリスマスにお祝いをする風習が根付いている
地域としては都会部に当たります。

都会部の若者を中心に、クリスマスにデートする
というカップルも多くなってきているのです。
また、中国の市場もクリスマスで激化しており、
大きなイベントの一つになりつつあります。

こう考えると、クリスマスは一つのイベントとして
定着しつつあるのかもしれませんね!

 

 

中国の過ごし方で、一つ面白い特徴があります。
これは他の国にはあまりない特徴で、中国では
クリスマスに包装されたリンゴが市場に登場します。

リンゴはアダムとイヴの「禁断の果実」を模している
と言われており、中国のクリスマスには欠かせない
ものの一つとなってきています。

これは他の国にはない特徴だと言って良いのではない
でしょうか?
実際にクリスマスシーズンに中国に行くと、リンゴ
が包装されている姿を見ることができます。

また、中国ではそのリンゴを「平安果」と呼び、
カップルや家族でプレゼントし合ったりするのが風習と
なっています!

 

 

ちょっと特殊な過ごし方ですが、ラッピングされた
リンゴはとても綺麗で、クリスマスにはピッタリだと
言えます。

日本でも浸透しそうな文化なので、気になるという方は
クリスマスにリンゴを贈ってみてはいかがでしょうか?

中国のクリスマスの過ごし方は日本と似ていますが、
リンゴの文化などは、ちょっと特殊だなと言えますね。
それも楽しい文化の一つなので、中国に行くという方は
リンゴのクリスマスを過ごしてみてください!

 

 

クリスマスプレゼント2015の彼氏彼女へオススメは?手作りで簡単なのは?

子供会のクリスマスプレゼントで人気は?3,4歳の年齢で男女別に紹介!

旦那へのクリスマスプレゼントランキング!マフラーや財布の予算は?

クリスマスデート2015の関東東京神奈川のオススメ場所は?ランキングまとめ!

シャトレーゼのクリスマスケーキ2015は?売れ残りは値引き?アレルギーは?

セブンイレブンのクリスマスケーキ2015人気は?半額購入やキャラデコは?

クリスマスの過ごし方【アメリカ編】

 

 

WS000016

アメリカはクリスマスの本場という感じがしますよね!
雰囲気がそもそもクリスマス向きということもあるし、
イベントとしての規模も大きそうです。

実際にアメリカの過ごし方には、いくつかの特徴が
あります。

一つが家族・親戚が大集合するということです。
日本ではクリスマスにわざわざ親戚や家族で集まる
ということはしないですよね。
(いや、中にはする方もいるかもしれませんが)


スポンサードリンク


アメリカでは、12月24日になると家族や親戚が集合し、
25日になるとみんなで食事をするというのが定番です。
もちろんクリスマスツリーは特段大きなものを用意
したり、プレゼントをその下に置いたりします。

 

 

もう一つの過ごし方の特徴としては、食事です。
日本の場合はクリスマスケーキを食べますが、アメリカ
では、七面鳥や牛肉、羊肉などを食べる習慣がある

言われています!

特に羊肉に関しては、キリスト教で言う「お供え物の
食べ物」としての位置づけとなっており、神聖な
クリスマスに打ってつけの食材となっているのです。
ちなみに、クリスマスケーキはありません。

最後に、クリスマスカードなども飾る点は、日本とは
少し違ったクリスマスの過ごし方ですよね!

クリスマスカードにメッセージや文字を書いて飾っておく
など、余韻を楽しむことも多いのがアメリカです。
当然のようにクリスマスツリーも12月中はずっと
飾っておくという家庭も多いです。

日本はお正月もあるので、クリスマスが終わると、
ささっとツリーは片付けてしまうことも多いですが、
アメリカではそのままということも多いです!

こうやって見てみると、アメリカはアメリカ独自の
過ごし方をしていると言えますね。

 

 

クリスマスの過ごし方【ドイツ編】

 

 

WS000017
ドイツはクリスマスツリーの文化が色濃く残って
いる地域です。
当然のようにクリスマスの過ごし方も他の国とは、
ちょっと違ったりします。

まず特徴的なのは、他の国でも行われていることが
多いのですが、アドベントカレンダーです。
アドベントというのは、クリスマスの数週間前から
カウントダウンをする文化ですね。

ドイツの場合はカレンダーの他に、ロウソクに火を
灯して過ごすという時期にもなります。
クリスマスまでロウソクに火を灯してカウントダウン
する
なんて、とても幻想的ですよね!

ロウソクが減っていくと、その分クリスマスが近づいて
来ている実感が持てて、より楽しめるという訳です!
ロウソクは白だったり赤だったり、様々なカラーが
用意されていて、インテリアとしても楽しめますよ!

 

 

また、アドベントカレンダーも様々な種類があり、
毎年趣向を凝らしたカレンダーが登場しています。
日本でも少し浸透している文化なので、アドベントを
楽しんでみてはいかがでしょうか?

また、ドイツのクリスマスの過ごし方といえば、
もちろんクリスマスマーケットですよね!
12月に入る頃になると、多くのマーケットが登場し、
街は賑わいを見せるようになります。

特に有名なのがミュンヘンのクリスマスマーケット。
マリエンプラッツにある新市庁舎前の広場で開かれる
マーケットとなり、世界中から多くの観光客も集まり、
一大イベントとなります。

マーケットにはクリスマスグッズはもちろん、お菓子
関連も販売されて、純粋に楽しいクリスマスを過ごす
という方が多いです。

お菓子で有名なのはシュトーレンです。
しっとりとしたパンやクッキーのような食感が楽しめ
ることもあり、多くの人が食べています。

これを食べながらクリスマス当日を待つという風習も
ドイツには根強く残っていますよ!

 

 

ローソンのクリスマスケーキ予約は?プリキュアやアイカツ、ウィザードについては?

ファミリーマートのクリスマスケーキ2015は?初音ミクやコンビニ予約方法は?

クリスマス飾り付けは手作りの100均折り紙でオシャレに!部屋の壁や玄関は?

クリスマスツリー2016まとめ!ニトリIKEAやフランフラン無印の価格比較は?

クリスマスの過ごし方【イギリス】

 

 

WS000018

イギリスのクリスマスも日本と同様に、街がお祝い
ムード一色に染まっていきます。
当然のように、街にはイルミネーションやイベントが
開かれるようになります。

イギリスの場合は、11月後半頃になると、すでに
クリスマスツリーを飾る家庭が多いです。
11月後半からゆっくりとクリスマスの余韻を楽しんで
行くスタイルがブリティッシュな過ごし方という感じ
ですね。

クリスマス当日に近づくに連れて、街全体が日本と
同じようにワクワクしてくる雰囲気に包まれます!
当然のように当日はデートをして過ごし、家族と
過ごす方が多くなります。

古くからイギリスに住んでいる方の場合は、家族の
方を優先することが多くなります。
場合によっては恋人がいても別々に家族のところに
帰り、クリスマスを過ごすということが多いですね。

日本の場合は恋人などを優先することが多いですが、
イギリスなどは家族一同が集まることも多いので、
家族でクリスマスを祝うということも多いです!

 

 

また、日本と同様にイルミネーションがとても綺麗
なのがイギリス流のクリスマスの過ごし方です。

ロンドンなどでは、有名な観光スポットである
ロンドンアイなどがクリスマス使用になり、街全体が
クリスマスのイルミネーションに包まれて行きます。

また、家をデコレーションする方も多く、オーナメント
を飾るという家庭もとても多いのがイギリスです。

町中が電飾に包まれるので、どこを歩いていても
キラキラした綺麗な家が見られるでしょう!

食事に関しては、イギリスクリスマス特有の文化である
クリスマスプディングが有名ですね。
レーズンやレモン、オレンジなどの皮が入っている
プディングを食べて、甘いクリスマスの過ごし方を
楽しむのがブリティッシュ流です。

 

 

クリスマスの過ごし方【フィンランド編】

 

 

WS000019

サンタの故郷と言われ、実際にサンタクロースの村が
あることでも知られているフィンランド。

当然、フィンランドでもクリスマスを祝う習慣があり、
日本とはまた違った文化を見ることができます。

なによりフィンランドは国土の多くが森ということも
あり、とても幻想的なクリスマスになります。

フィンランドでは、11月下旬当たりからクリスマスの
マーケットが並び始め、フィンランド特有のグッズ
などが販売されます。

もちろん、木々が多いフィンランドですから、モミの木
もたくさん使ったクリスマスとなります。
本格的なクリスマスを過ごせるということもあり、
国内外からクリスマスイベントに参加する方も多いです。

 

 

また、アドベントカレンダーの風習もあり、クリスマス
まで1日ごとに楽しむという文化も強いです。

クリスマス当日は、ハムやパイ、クッキーなどを食べ、
フィンランド特有のグロッキというホットワインを飲む
のが定番の過ごし方
となっています。

また、サンタクロースの正式な住所などが発表される
フィンランドでは、手紙を送る事ができます。
状況によって異なりますが、サンタから手紙の返事も
来るなど、粋な計らいが行われています。

また、フィンランドはオーロラを見ることができる
有数の国ということでも知られており、クリスマスに
オーロラが見られる可能性もあります。

幻想的なクリスマスとオーロラなんて素敵ですね!

クリスマス過ごし方ランキング!カップル彼氏彼女向けのホテルやデートスポットは?

クリスマス過ごし方2016は?ひとりや友達家族や大学生、女子会向けに紹介!

クリスマスイルミネーション2016ランキング!東京横浜関西の穴場を紹介!

クリスマスイルミネーションの家庭用の注意点は?自宅屋外やLEDの電気代は?

それぞれの国でクリスマスの過ごし方があり、それぞれ
楽しいクリスマスを送っているようですね。
今年のクリスマスは、海外の風習を取り入れたものに
してみてはいかがでしょうか?


スポンサードリンク


関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ