山の日はなぜいつから2016年8月11日?由来理由や祝日の過ごし方は?

2016年の8月11日に新しい国民の祝日として
山の日が制定されることになりました。

WS000003

でも、なぜ8月11日になったのでしょう?
飛び石で休日とか有効活用しにくいし
お盆休みにも影響が出そうという
世間の声も聞こえてきます。

意味や理由をまとめてみました。


スポンサードリンク


 

山の日の意味由来とは?

 

 

日本は国土の4分の3を山脈が占めていて
その豊かな自然の恵みは日本に様々な
恩恵を与えてくれました。

そのような山に感謝して、今、山にある
豊かな資源を次の世代にも引き継いでいこう
といった意味で新たに制定しました。

ちなみに、ある説によると11日の数字の11は
樹の立っている様子を表現したといわれています。

またこの祝日ができたきっかけは、日本山岳会という
団体が、国に働きかけてようやく実現したそうです。

 

 

8月11日になった理由は?制定日はいつから?

 

 

もともとこの山の日は2014年の5月に制定されましたが
実際に施行されたのは2016年に入ってからです。

なぜ、2年間もギャップがあったのでしょう?

この理由として以下の二つの点が上げられます。

・カレンダーを差し替え問題

2014年に入れば、すでに次年度2015年のカレンダーを
完成させている企業もあります。

制定されたのは2014年の5月なので、当然2015年の
カレンダーには山の日が記されていません。

なので、差し替えするにも莫大な費用と手間が
かかるので、2016年からという都合があったようです。

 

・山の日を制定することによる国への影響

 

制定日が2014年の5月で、実際に施行するのが
2014年の8月と3ヶ月しかないと企業や経済活動
にも影響を及ぼします。

なので、告知してからある程度は期間を
とる必要があると国が判断しました。

 

 


スポンサードリンク


山の日の世間の反応は?

 

 

祝日が増えたことによってどのような過ごし方に
なるかは、注目が集まるところではありますが
意外にも、遠出する予定の人はわずか2%のようです。

理由として、ちょうど中途半端な位置に休日が
あるからです。

月曜日に山の日があるなら3連休として休めますが
水曜日にあるので、微妙な位置にあります。

また最大の問題点はお盆との兼ね合いです。
今年は13日の金曜日にお盆休みを開始する
企業もありますが、12日の木曜日も休日に
してしまうと、会社業績に響きそうだから
という理由で、12日は通常営業する会社も
あります。

しかし、11日と13日が休みだったら12日も
休みにする企業もあるようで、取引先は
休みなのに、うちの会社だけ営業なのは
おかしいと不満の声も多いようです。

なぜ山の日を作ったのか?という声も
あるようで、次は川の日もできるんじゃ
ないか?という声もあります。

確かに、今の時代、登山する人は高齢者が
大半で、若者は海の方が好きな人が多いです
よね。

いずれにしても、この山の日が新しく作られたことによって
経済効果は数千億円あがるという予測もあります。

この山の日が日本の不況の切り札になるといいですね


スポンサードリンク


関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ