水泳持田早智の小学校や高校や彼氏は?オリンピックや水着画像は?

リオオリンピックに高校1年生ながら出場する
持田早智選手!池江璃花子選手とライバル関係で
中学時代は、お互いに記録を塗り替える存在だった
そうです。

リオオリンピックでは彼女は
4×200mのフリーリレーに出場します。


スポンサードリンク


今回は出身小学校や中学、高校
そして、彼氏や性格などプライベートな情報に
迫ります。ハイレグやポチなどの水着画像も
お届けします。

WS000004

 

 

持田早智のプロフィールは?

 

 

生年月日:1999年7月19日

出身:奈良県

身長・体重:165cm・58kg

得意種目:自由形

出身小学校:大阪から千葉に転校(どこかは不明)

出身中学校:千葉市立打瀬中学校

出身高校:千葉商科大学付属高

所属:ルネサンス幕張

 

幼稚園のスイミングスクールで練習を始めたのが
きっかけで、その頃はまだ楽しみながら水泳を
練習していました。

小学三年生の時、両親の仕事の都合で千葉へ
転勤して、ルネサンス幕張に入会して
選手育成コースに入り、本格的に練習を
はじめました。

中学2年生の時に、全国中学大会で、自由形の
50mと100mの2冠を達成しました。

そして、高校1年生の全日本選手権で200mの
自由形で2位に入賞して、リオオリンピック出場
の座を獲得しました。

 

 

持田早智の彼氏は?

 

 

現在彼氏はいないようです。

twitterを見てみても、水泳か学校かオフの日の
報告しか書いていません。

オフの日には親友であり
ライバルでもある、池江璃花子と原宿へパンケーキ
を食べにいったと報告もあり、女子力が高い
一面ものぞかせています。

 

 

持田早智の性格やコーチ、練習スタイルは?

 

 

持田早智のコーチは西崎勇さんといい、小学6年生の
頃から担当しています。二人の間には強い信頼関係が
あり
、彼女いわく、「家族と同じくらい自分のことを
理解してくれる」とのこと。

水泳に関する悩みがあったら、まず一番にコーチに
相談するということです。やはり相性がよい指導者に
恵まれることが、成績向上のコツということですね。

持田早智の性格は、ストイックで努力を惜しまない
タイプで周りが言わなくても自分から進んで練習の
メニューを考えたり、普段の生活を水泳中心に考え
られるそうです。

また、素直でコーチのアドバイスには真剣に耳を
傾け、新しいテクニックも貪欲に取り入れると
いいます。

 

 

練習は週に6日、7回行っているとの事。
週1日は朝と夕方、ダブルで練習するという
ことですね。

彼女の最大の武器はキック力です。男子にも負けない
くらい脚力が強いので、クロールのスピードを
生み出す源となっています。

苦手な部分はターンです。自分のターンの画像を
コーチと一緒に分析して、膝や足首の角度を
微調整して、少しでもタイムのロスを縮めようと
しているのが、最近の課題です。

一回のターンごとに、0,2秒タイムを縮められる
と、アドバイスされて、柔軟性を高めるために
バランスボールやストレッチをトレーニング
メニューにより多く取り入れているそうです。

将来的には200mだけではなく、100mや
50mの自由形も日本代表に選考されるのが
当面の目標だそう。

そのためには、ターンのテクニックをしっかり
磨く必要があります。

 

 

持田早智の水着画像やハイレグポチ画像は?

 

 

最後に、持田早智の水着画像を載せます。
残念ながらハイレグ画像はありませんでした。

持田早智の水着画像

持田早智と池江璃花子の2ショット画像

 

リオオリンピックでの
活躍が楽しみですね!


スポンサードリンク


関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ