クーラー病の予防対策や原因治し方は?病院は何科で治療薬は?

クーラー病に悩まされている方も、現代には多くなって
いると言われています。

夏になると気温もグングン上がるので、クーラーを利用
する方も多いでしょう。

冷房というのは、確かに体温を下げるために使えるもの
ですし、使えばとても便利なものです。


スポンサードリンク


しかし、使い過ぎるとクーラー病になってしまうことも
あるので、その点は注意しておいた方が良いです。

そこで、今回はクーラー病の予防・対策・対処方法や原
因について、細かく紹介していきたいと思います。

WS000004

また、病院などに行った方が良いのかどうかなども、紹
介していくので、チェックしてみて下さい。市販薬も
紹介しますよ!

 

 

クーラー病の原因について

 

 

まず、クーラー病に対策や予防をする前に、原因につい
て知っておく必要があります。

原因としては、簡単に言うと暑さと寒さによって、身体
がおかしくなっている状態で引き起こされる病気と言え
るでしょうね。

急激に暑かったり寒かったりするワケですから、身体も
「もう勘弁してくれぇ」という状態になってしまうワケ
です。体の中の自律神経が狂ってしまい、体温調節が
できなくなってしまうわけです。

当然、夏場などは外に出ると暑いですが、店などに入る
と急激に寒いですよね。

それを繰り返していると、身体が体温調節する時に対応
できなくなり、様々な症状を引き起こしてしまうワケで
す。

 

その体温調節をしてくれる自律神経が対応しきれなくな
り、結果的にクーラー病になってしまうのです。

気温差が5度以上ある場所で出入りすると発症してしま
う傾向があるので、誰にでも危険はありそうですよね。

例えば、外の気温が30度だとして、室内に入ると20度
ほどに設定されていることもありますよね。

もしくは、自分で18度くらいまでキンキンに室内の温度
を下げてしまうこともあると思います。

そうなると、頭痛やめまい、吐き気などのクーラー病を
引き起こしてしまうワケです。

 

一度クーラー病になると慢性化してしまうこともあるの
で注意する他、自律神経を正常の保つことが必要です。

気温差や体感温度差によって、ズレが生じ、身体に悪影
響が出てくることもあるので、冷やし過ぎには十分注意
して貰いたいところです。

本来、身体というのは自分で体温を調節する機能がある
ので、それを自分から乱してしまうことのないように心
掛けてもらいたいものです。

夏は特に各種商業施設などにも注意しておきましょう!

 

 


スポンサードリンク


クーラー病の予防対策とは?

 

 

クーラー病の予防対策としては、とにかく身体を冷やし
たり、暑くしたりしないことが重要です。

そのため、外に出る時は涼しい服装をし、中では腹巻き
や羽織るものを用意するなど、体温の差をコントロール
することが重要です。

また、自律神経などで体温調節することができるので、
その機能を低下させてしまわないようにしましょう。

現代人は特に冷房があるし、暖房もあるので、それに
よって体温調節機能が低下している方も多いです。

そうなると、急激に体温が変化するだけで体調不良に
なってしまうことも多くなるワケです。

日頃から体温を調節する機能を鍛えておくことが重要だ
と言えるでしょうね!

 

 

クーラー病の病院や治し方について

 

 

残念ながらクーラー病になってしまったら、病院に行っても
処方薬を出してくれないケースが多いです。

あったとしても、胃腸薬や整腸薬くらいです。

根本的にクーラー病を解決する薬はないからです。

それぞれの症状に合わせて、対応していくことが必要で
すね。

特に症状としては吐き気やめまい、頭痛や発熱など色々
なものが考えられるので、それに対応してもらうことが
必要となります。

しかし、「では病院などは何科に行けば良いの?」と思う
方もいるでしょう。

基本的に病院などは、内科で診てもらうのが定番となる
と思います。

 

その他、女性の場合は生理不順になってしまうこともあ
るため、婦人科で診察してもらうこともできます。

頭痛が酷い場合や睡眠障害が出ている場合は、外来とし
て対応してくれる場合もあるので、問診や相談をしてみ
ると良いでしょう。

基本的に症状がわからない時は、内科で調べてもらうと
いうのが通例となっています。

この手の病気は医師でも判断できないことがありますし
他の病気の可能性も否めないので、診察してもらうこと
が重要です。

放置するというのは避けておきたいですね。

 

 

治療薬などはある?

 

 

クーラー病に対処する時、治療薬などがあれば良いので
すが、自律神経に関わる病気なので、それ自体に効果が
ある薬はありません。

自分の生活環境を改善していくことが、一番の薬となる
と言えるものなので、クーラーを使い過ぎないようにし
て対応していくことが必要です。

効果的なのは汗をかいて体の新陳代謝を高める方法です。
ぬるめのお湯に30分ほどゆっくりつかったり
サウナに入ったり、運動をするのが効果があります。

 

WS000005

 

汗をかいて血液循環がよくなると、体内の老廃物も消えて
冷え性や体のダルさも無くなります。

夏場は日中に屋外で運動すると、熱中症になってしまう
リスクがあるので、早朝か夕方以降にしましょう。

どうしても薬が欲しい場合は、頭痛を鎮めてくれる薬や
発熱を止めてくれる薬などを服用してください。

もちろん、症状によって薬の対処法も変わってくるので
注意が必要です。

病気と言えば大袈裟ですが、ただの体調不良だと感じる
方もいるので、薬ではなく安静にして対応することが
重要だと言えますね。

毎日エアコンで体温調節するのではなく、自分の調節
機能を使っていくようにすると良いのではないでしょう
か。


スポンサードリンク


関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ