クーラー病の症状は頭痛や吐き気めまい?微熱や眠気や喉の痛みは?

日本の夏はとても暑いですし、湿気も多いから余計に熱
気を感じることも多いですよね!

そんな日本の夏に、今では欠かせないものとなったのが
クーラーです。

エアコンも様々なものが販売されていて、夏には当然の
ように使っているという方が多いですよね。


スポンサードリンク


しかし、そんなクーラーを使いすぎると、身体に悪影響
があるのを知っているでしょうか?

 

WS000003

 

俗にクーラー病や冷房病と言われていて、現代人には
特に多くなってきていると言えます。

のどの痛みや鼻水など風邪に似たようなものから
めまいや腹痛、下痢など食中毒に似たような症状まで
多岐にわたります。

そこで、今回はクーラー病に関して、症状などを詳しく
説明していきます!

くれぐれもクーラーの使い過ぎには注意しましょう!

 

 

クーラー病とは

 

 

そもそもクーラー病とは、一体どういうものなのかなと
思っている方も多いでしょう。

別名冷房病とも言われていて、文字通りクーラーを長時
間使用することによって引き起こされる病気です。

夏場は外の気温が高く、室内の温度が冷やされていると
その温度差によって自律神経のシステムに
異常をきたします。

近年は一時的なものではなく、慢性的なクーラー病に
なってしまっている方もいて、特に女性に多いと言われ
ています。

女性はオフィスワークが多いですし、内勤でエアコンを
ずっと浴びていると、クーラー病になってしまうことも
あるワケです。

そもそも、冷え性の方なども多く、身体に悪影響がある
ことは確実と言えるでしょう。

 

また、近年は男性も外出する方が少なくなり、夏には
エアコンの風をずっと浴びているという方もいるので、
本当に気を付けておきたいところです。

意外と気づいていないかもしれませんが、身体になにか
しらの症状が出ていることもありますよ!

男性も女性も毎日クーラーが効いているところにいる場
合、症状が出ていないかどうかチェックしてみてくださ
いね!

症状は、意外と日常生活で見られるものばかいなので、
気付かないうちにクーラー病になっていまっていること
もありますよ。

 

 

クーラー病の症状について

 

 

クーラー病の症状としては、様々なものがありますね。
まずは、頭痛など代表的な症状となっています。

ズキンと一瞬痛くなる頭痛もありますし、ボンボンとし
た頭痛もあります。

その感じ方は人によって違うものの、頭が痛いと思った
場合は、クーラーの影響を受け過ぎている可能性がある
ため、気を付けておきたいですね。

その他、症状が悪化すると吐き気を訴える方もいます。

吐き気については、そのまま嘔吐してしまう方もいて、
深刻な場合は長時間吐き気や嘔吐に悩まされることにな
ります。

さらには、めまいなどを引き起こす方もいますね。

特にオフィスで仕事をしている方は、立ちあがった時な
どにクラクラっとしてしまって、「立ちくらみかな」と
勘違いしてしまうこともあります。

それが眠気にも繋がり、長時間クーラーに当たっている
と、「眠い」という症状を訴える方もいます。

 

腰痛や腹痛など、部位別の痛みを伴うことも症状の一つ
と考えられていて、場合によっては冷えることによって
下痢などに繋がることもありますね。

その他にも、発熱や微熱を引き起こすことがあり、風邪
のような症状を引き起こすこともありますよ。

それが食欲不振にも繋がり、倦怠感や疲労感にも繋がる
ので、十分気を付けておくことが必要となります。

症状は人それぞれ違ってくるものの、夏場に熱いからと
言ってクーラーを使いすぎることはやめましょう。

 

 


スポンサードリンク


クーラー病の、のどの痛みの原因は?

 

 

また、クーラー病の一種にのどの痛みがあります。
これは、エアコンを使い始めの時によく起こります。

これは、エアコンを掃除していないがために、内部の
ホコリやカビが空気中の放出されてしまったために
喉の粘膜がやられてしまいます。

中のフィルターを掃除する、もしくは専門業者に
依頼することによって、対処できます。

 

WS000004

 

また、エアコンの温度を下げすぎることによって
室内の空気が乾燥しすぎて、のどの粘膜を痛めて
しまうのも原因として考えられます。

温度設定は25度以上にして、数時間に一回は
窓を開けて空気の入れ替えを行いましょう。

 

 

クーラーを使う時に気を付けたいこと

 

 

近年のクーラーは人を察知して、直接風が当たらない
ようにしてくれるものもあれば、体温を測定して風の
量を調節してくれるものもあります。

しかし、毎日のようにクーラーを使っていると、身体の
体温調節機能も低下してきて、逆に冬になった時に体温
調節が上手に出来なくなることにも繋がります。

もちろん、夏場の体温調節にも影響が出ますね。

対策としては、エアコンやクーラーに頼りすぎないこと
が重要となります。

しかし、職場などによっては上司の命令によって、設定
温度を保たれているところもあるかもしれません。

そういう場合は、会社全体がクーラーで満ちているので、
羽織るカーディガンやジャケット、マスク、マフラー、
腹巻などを用意しておくと良いです。

最近は会社にブランケットを持っていき、冷えすぎる場
合に使っているという方も多いですね。

扇風機や団扇などがあれば良いのですが、それを使って
いると逆に仕事ができなくなることもあるので、上手に
対応していくことが必要ですね。

 

 

真夏の冷え対策は万全に!

 

 

真夏に冷え対策なんておかしいと思うかもしれないです
が、本当にクーラー病は甘く見えてはいけません。
現代人は特に体温調節機能などが低下してきている方も
多いので、エアコンに頼りすぎてしまうこともあります
よね。

一人一人が症状を知り、対策していくことによって、
現代病とも言えるクーラー病の対策が可能となります
よ。

もちろん、自己管理が大切となるので、体調管理は万
全にしておくことが重要となります。
身体を冷やし過ぎないように、今年の夏も乗り越えて
行きましょう!


スポンサードリンク


関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ