秋風邪2016の症状や予防対策は?原因はウィルスで治し方や市販薬は?

夏が終わりに近づくと、油断して風邪を引くという方も
いるのではないでしょうか?

2016年も秋風邪には注意しておきたいところですが、
意外と対策していない方も多く、今年も秋風邪になる人
が沢山いそうです!


スポンサードリンク


そこで、今回は2016年の秋風邪について症状や予防、
対策方法、原因や治療法についてまとめていきます。

WS000004

特徴としては高熱や吐き気が長引くこともありえます。

予防さえしっかりしておけば風邪はそこまで恐ろしいも
のではないですが、油断していると結構辛いです!

夏の終わりは暑さで身体が弱っている方も多いので、秋
風邪にも十分気を付けるようにしてください!

まずはその点をしっかり対策できるようにしておくと良
いでしょうね!

風邪は甘く見ていると、意外と痛い目を見るので、気を
つけて下さい。

 

 

秋風邪の症状

 

 

夏風邪の症状は、特に夏の風邪と大きく変わってくると
いうことはありません。

ただ、免疫力が低下している時期だからこそ、長引く秋
風邪もあるので、注意しておきたいです。

 

・発熱

 

代表的な症状としては、発熱が見られます。

主に夏風邪に比べて、発熱はそこまで急激に見られる症
状ではないのですが、高い人だと熱が38℃を超えること
もあるので注意してください。

特に残暑の影響で身体が弱っている時は、発熱するだけ
でもかなりぐったりしてしまいます。

発熱した時は、熱を身体から逃がすことが必要となるの
で、一度身体を温めて汗をかきましょう。

また、発熱による頭痛なども引き起こすので、そちらも
対策が必要となりますね!

 


スポンサードリンク



・喉の痛み

 

秋風邪は乾燥した空気によって、引き起こされることが
多いです。

夏に比べて湿気が徐々に下がってくる秋は、喉が乾燥で
やられてしまうということも多いです。

そうなると、喉の痛みがより一層強くなり、イガイガし
た感覚を抱くことがあります。

一度喉が痛いと思ったら、喉を乾燥させないようにする
ことが必要となります。

 

・咳

 

喉が乾燥すると、外部からの刺激などにも弱くなってし
まうので、定期的に塗らすことが必要となります。

水分をこまめに体内に入れるのはもちろん、喉の周りに
タオルを巻くなどして、対策しましょう。

睡眠時には、特に口呼吸になることで喉を傷めてしまう
ことも多いので、鼻呼吸するようにし、寝る前に水分を
少し摂取しておくと良いです。

 

秋風邪の予防対策

 

秋風邪は発症してから対策するのではなく、予防の観点
から対策しておくことが重要となります。

特に夏の影響もあって、疲労が溜まることによって、
疲れが抜けていないという方もいます。

まずは身体の疲れを抜き、正常な身体でいられるように
することが重要となります。

夏に体力を使いすぎたという方は、秋はエネルギーを温
存しておくことも重要です。

特に秋には「食欲の秋だ」なんていって、暴飲暴食を
繰り返してしまう方もいます。

沢山栄養を摂るのは良いのですが、暴飲暴食は身体に
負担をかけてしまうだけです。

秋には秋の食生活で、バランスの良い食事を摂るように
しましょう。
野菜を中心に摂り、それでいて肉や魚なども摂取するよ
うにすれば、ある程度対策にもなります。

 


スポンサードリンク


 

また、秋風邪は夏バテが続いている状態の時に発症して
しまうことも多いので、夏バテ対策もしておきたいです
よね。

夏バテにはビタミンやミネラルが重要で、これまたバラ
ンスの良い食事が必要となります。

夏バテになってしまう方は、普段から体力がないことも
多いので、定期的に運動するなど、免疫力を高めておく
ことが予防対策としては効果的です。

胃腸などの内臓系が弱っている時は、病気にかかり易く
なってしまうので、そちらに関しても気を付けておきた
いところですよね!

また、夏の寒暖差によって風邪を引く方も多いので、
暑い日もある秋などは、冷たいものの撮りすぎにも気を
付け、身体を冷やし過ぎないことが重要です。

お風呂などもゆっくりと熱すぎないものに入り、身体を
芯から温めるようにすると効果的です。

 

 

秋風邪の治療や市販薬

 

 

秋風邪の治療としては、夏風邪と同様に免疫力を高めて
治療をしていくのが一般的です。
まずは体力を回復させて、しっかりと対応していくこと
で、身体を健康な状態にしていきましょう。

もちろん、無理をしてはいけないので、体力を使うこと
などは避け、身体に疲労が蓄積しないようにしすること
が重要です。

安静が第一なので、「ちょっと熱があるくらいだし、大
丈夫かな」という判断はせず、無理をしないこと!
自宅でゆっくりと療養することが必要となります。

無理をしてしまうと、逆に秋風邪を長引かせてしまうの
で、健康的に秋を過ごすどころではなくなってしまうか
もしれません。

薬に関しては、秋風邪ようの薬などはないので、市販の
風邪薬などを利用するようにしましょう。

秋風邪だけに対応するものではなくても、普通の風邪と
変わらないので、市販薬も色々と揃っています。

今年の夏風邪の症状は?

熱を下げるものや咳を止めるものなど、それぞれの症状
に合わせて薬を選んでいくと効果的ですよ!


スポンサードリンク


関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ