ノロウィルスの感染経路はトイレや空気感染?消毒は?図で説明!

ノロウィルスは、微量でも感染するほど感染力が
強いウイルスの一つです。
感染性胃腸炎の一つであり、大人から幼児に感染する
こともある厄介な病気です。

 

 

大人の場合は数日もすれば治るのですが、高齢者や
幼児となると脱水症状などを引き起こす場合もあり、
十分な注意が必要となります。


スポンサードリンク


感染経路が多いノロウィルスは、予防・対策が重要で、
しっかり守ってさえいれば、感染も未然に防げます。
まずは病気にならないための予防・対策に力を
入れましょう。

ノロウィルスの感染経路について

ノロウィルスは、感染経路が複数あり、二次感染して
しまう可能性も十分考えられるウイルスです。
それぞれの経路を見てみましょう。

 
・接触感染
 
生牡蠣や貝類を生で食べることや、不十分な加熱の
状態で食べると、ノロウィルスに感染してしまいます。
もちろん、生牡蠣や貝類自体がノロウィルスに感染
していなければ食べても大丈夫ですよ。

また、便や吐しゃ物にノロウィルスが残っていて、
それに触れた手などから感染してしまうこともあり、
十分な殺菌消毒が必要となります。

・飛沫感染
ノロウィルスは下痢や嘔吐を引き起こしてしまいます。
その便や吐しゃ物が乾燥し、空気中に飛沫することで、
そこから感染してしまうこともあります。

トイレなどは、特にノロウィルスが残っている場合が
多く、そこから飛沫し、吸入してしまいます。
自覚症状なしで吸いこむ方も多いため、トイレから
感染してしまうということも少なくないです。

・空気感染
吐しゃ物や便の処理が適切でなかった場合に、
残存したノロウィルスを含む小さな粒子が空気に舞い、
それを吸いこんでしまうという感染経路も多いです。

また、人から人へ感染することもあるため、子供や
高齢者の方と関わりが強い方は十分注意しましょう。
処理に関しては、次亜塩素酸水を用いて、ウイルスを
根絶することが重要です。

ノロウィルスを図で見てみよう

ノロウィルスの感染経路は、具体的なイメージが
難しいものと言えます。
だからこそ、図を用いて感染経路に関して、しっかり
注意することが必要となります。

参照:
ノロウィルス感染経路図
こちらが感染経路の図となります。

ノロウィルスには、主に三つの感染経路があり、
「接触感染・飛沫感染・空気感染」に注意しなければ
なりません。

図を見て分かる通り、ノロウィルスは循環するように
人間の社会に入り込んできます。
毎年のように新しいウイルスが発見されているのは、
それらのウイルスが増加・進化する過程で、変化を
遂げているためです。

感染経路を覚えておけば、対策もしっかり行うことが
できるので、三つの経路に注意を払っておきましょう。


スポンサードリンク


ノロウィルスの対策・消毒方法

ノロウィルスは、対策と消毒をしっかりしていれば、
感染するリスクを低下されることが可能です。
以下でポイントを説明するので、実践してみて下さい。

・手洗い
ノロウィルスは、手に付着していることも多いです。
ただ、普通に手洗いしただけでは対策も難しいです。
時間としては30秒以上かけて、隅々まで洗いましょう。
また、手を拭くタオルなどは、家族で共同にせず、
一人一人新しい清潔なものを使いましょう。

・加熱
熱などにも強いのがノロウィルスの特徴です。
普通に湯通しした程度では、ウイルスを死滅させることは
できません。
目安としては85℃~90℃以上で90秒以上加熱するのが
効果的と言われています。

・消毒
消毒に関しては、ただのアルコール消毒では対策が
難しいのがノロウィルスです。
次亜塩素酸ナトリウム液などを利用して、十分に消毒
することが必要です。

次亜塩素酸水やナトリウム液などは市販されており、
薬局などに行けば手に入れることができます。
アルコールで消毒できると思っている人がいますが、
それは間違いなので注意してください。

感染経路をしっかり知り、対策や予防をしっかりする!
それがノロウィルスに立ち向かう方法です。

ノロウィルスの検査料金は保健適応?即日で結果出る?キットの値段は?

ノロウィルスの潜伏期間は短い?幼稚園や給食や赤ちゃんの予防対策は?

ノロウィルス2015の大人の症状は下痢や嘔吐?子供や高齢者が危ない?

ロタウィルスの子供の症状は嘔吐?大人との違いや潜伏期間や感染経路は?

ロタウィルスの便は黄緑色でにおいは?いつまで潜伏?画像写真や処理は?

ロタウィルスの予防接種はいつまで?費用や効果は?副作用は下痢で必要か?


スポンサードリンク


関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ