ノロウィルス2015の大人の症状は下痢や嘔吐?子供や高齢者が危ない?

ノロウィルスは、乳児から大人、老人まで発症する病気
の一つです。
乳児の場合は冬季に発症することが多く、成人の場合は
二枚貝などを生や加熱不足で食べた場合に発症すること
が多くなります。

今回は、2015年のノロウィルスの症状についいて紹介
していきます。
また、子供や高齢者の危険性についても説明するので、
症状などには十分注意しておきましょう。


スポンサードリンク


風邪のひき始めの症状とは?

ノロウィルスには、特徴的な症状がいくつかあります。
症状さえ知っておけば、どのような状況なのか判断
できるので、症状だけでも知っておきましょう。

・嘔吐
ノロウィルスの特徴的な症状の一つが嘔吐です。
胃袋を中から掴まれているような不快感と吐き気を
もよおすことが多くなります。
場合によっては経口摂食できなくなることが多く、
食べても吐いてしまうことが多いです。

嘔吐が激しい場合は、鎮吐薬などで対策することが
できるので、医師に相談してみましょう。
病院としては、胃腸の症状を診断できる内科が良い
とされています。

・下痢
もう一つ注意してもらいたいのが、下痢の症状です。
下痢に関しては、激しい腹痛を伴うことも多く、
一日に数回トイレに行くこともあります。
痛みが激しい場合は、整腸剤などが効果的です。

ノロウィルスのワクチンは開発途上にあり、特効薬
と呼べるようなものは開発されていません。
そのため、ラックBやビオフェルミンなどの生菌製剤
などを利用するのが効果的と言えますね。

・発熱(37度~38度ほど)
ノロウィルスでは、発熱などの症状にみまわれること
も多いのが特徴です。
さらには呼吸器系の症状が出ることもあり、大人は
それらの症状から風邪だと勘違いすることもあります。

軽症の場合は数日で軽快しますが、症状が悪化しそうな
場合は、病院での適切な指示に従いましょう。
重症になると脱水症状や痙攣を引き起こすこともある
ので、気を付けて下さいね。

新型ノロウィルスにも注意

ノロウィルスというのは、進化するものです。
しかも、2015年は新型ノロウィルスも発見されており、
過去最悪の集団感染を引き起こす可能性があるとも
言われています。


スポンサードリンク


冬場などは、特にウィルスが活性化するので、
十分注意しなければなりません。
消毒に関しては、次亜塩素酸水などを利用するのが
効果的です。

次亜塩素酸水とは、簡単に言えばウィルス対策を
おこなうことができる溶液の一つです。
薬局などで購入できるので、利用しましょう。

また、二次感染などにも十分注意しておかなくては
なりません。
激しい嘔吐をもよおすノロウィルスは、吐しゃ物に
ウィルスが含まれており、そこから他の人へ感染
してしまうことがあります。

十分な注意と対策が必要ですね!

子供や高齢者が危ない

激しい嘔吐はもちろん危険で、発熱や下痢に関する
症状も子供や高齢者にとっては危険です。
しかし、もっと危険なのが脱水症状なのです。

子供や高齢者は、水分の出入りが激しいこともあり、
ノロウィルスによって、さらに下痢や嘔吐を繰り
返ししてしまうことが多くなります。

そうなると、脱水症状を引き起こして、最悪の場合
命に関わることもあると言われています。

脱水症状の対策としては、早期発見が重要です。
周りの人が気にかけることで防げるものなので、
ノロウィルスを発症した時は、特に注意することが
必要となります。

また、子供や高齢者は食中毒になることも多く、
ノロウィルスの影響を大きく受けることがあります。
頻繁に水分が出入りすることになるので、こまめな
水分補給なども忘れないようにしましょう。

子供から大人まで、ノロウィルスは厄介なものです。
しっかり対策して、まず発症しないようにすることが
最大の対策と言えますね。

ノロウィルスの感染経路はトイレや空気感染?消毒は?図で説明!

ノロウィルスの検査料金は保健適応?即日で結果出る?キットの値段は?

ノロウィルスの潜伏期間は短い?幼稚園や給食や赤ちゃんの予防対策は?

ロタウィルスの子供の症状は嘔吐?大人との違いや潜伏期間や感染経路は?

ロタウィルスの便は黄緑色でにおいは?いつまで潜伏?画像写真や処理は?

ロタウィルスの予防接種はいつまで?費用や効果は?副作用は下痢で必要か?


スポンサードリンク


関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ