お月見ですすきの意味や本数は?お供え団子の献立レシピは?

お月見といったら、すすきやお団子をお供えして
満月を見るイメージがありますよね?

どのように飾ったらいいのでしょうか?
お団子の作り方も紹介します。


スポンサードリンク


すすきの意味由来や本数は?

 

 

お月見のときにお供えするススキは月の神様への依り代
としてお供えされているといわれています。

本来ならば、その年の豊作に感謝して稲穂を
お供えしますが、まだ、時期的に稲の収穫は
まだなので、代わりにススキを用います。

 

WS000008

 

本当はお供えする本数は1本と決められていますが
特に最近は決められた本数というのはないようです。

また、すすきだけではなく、紅葉したもみじや菊の
花を一緒に添える家庭もあるようで、いろいろ
アレンジの仕方があります。

またお供えしたススキは軒下につるしておくと、
その年は病気を防ぐことができると言われています。

ススキはイネ科の植物で河川敷や公園にいけば
生えていますが、都会で近くにない場合は花屋に
行けば購入することもできます。

 

 

お団子の意味は?

 

 

お団子をお供えする理由も、その年の豊作に感謝を
示すというもので、普通はお米の粉を使って作ります。

ちなみに、まん丸に作ると、枕団子といって葬式のときに
お供えするものを連想させてしまうので、形を少し
崩して作るのがしきたりとされています。

大きさは十五夜の十五にちなみ、一寸五分つまり4~5cm
程度にしましょう。あんこをまぶして、月にかかった雲を
表現する場合もあります。

お供えする月見だんごの数ですが、十五夜にちなんで
十五個が一番多いです。

 

WS000010

 

三段重ねで、一番下は、3×3の九個、真ん中の段は
2×2で4個、一番上の段に1個という形をとります。

日本の風習どおりにきちんとお供えする場合は三方という
木で出来た器に、白い紙をひいて、その上にお団子を
備えるのが普通です。

しかし、もっとカジュアルにしたい場合は普通にお皿の
上に盛り付ける家庭も今では多いようです。

月を正面に見て、左側にススキや野菜やサトイモなど
右側に月見団子をお供えします。これは、古来から日本には
左上位といって、左側が立場が上の風習があるからです。

ススキや野菜は自然が恵んでくれたもので
お月見団子は人間が作ったものですからね。

お供えものは食べたらバチがあたると考えて
しまうかもしれませんが、お月見のときに関しては
お供えが終わったら食べても問題ありません。

お月見泥棒という言葉もあるくらいです。

 

 

お月見のオススメのレシピ献立は?

 

 

最後にお月見のときに食べるオススメの
レシピや献立を紹介します。

 

・月見団子

 

米粉を120gに、水を90ccほど加えて
よく混ぜます。そしてお湯を沸騰させて形を
整えたものをそのままゆでます。

数分後にお湯からだして、冷水でしめれば
完成です。

近年は糖質制限がはやっているので、お米の粉と
豆腐を混ぜればヘルシーな月見団子もつくれます。

この場合は崩した豆腐と米粉を1:1で混ぜれば
OKです。水は加えなくて大丈夫です。

そしてお湯を入れてゆでればOKです。

また、かぼちゃを加えれば黄色のお団子に
ヨモギで緑色に、食紅で赤色にすれば
カラフルでお洒落な団子の出来上がりです。

 

 

お団子を作るのが面倒な場合はうどんやそばに
卵をかけて食べる、月見そばやうどんもいいかも
しれません。

 

WS000011

 

秋の味覚として、栗やマツタケご飯、芋ようかん
などあってもいいかもしれません。

お月見というと堅苦しいイメージがあるかもしれませんが
ベランダや窓際からでもしてみたらいかがでしょうか?


スポンサードリンク


関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ