今年の夏風邪2016の特徴は長引く?症状は咳や熱?

夏の暑さは正直しんどいですが、さらに体力を奪うもの
と言えば、夏風邪ですよね。
夏風邪は長引くなんて言われていて、確かに長い人だと
数日から数週間症状が出る方もいます。

だからこそ、しっかりと対策することが必要なのです。
しかし、冬の風邪と同じように対処してしまう方が多い
ため、その間違った方法によって長引かせていることも
あります。


スポンサードリンク


今回は、夏風邪を早く治す方法にフォーカスして紹介し
て行こうと思います。
また、2016年の流行や傾向についてもまとめていこう
と思います。

 

 

2016年の夏風邪

 

 

夏風邪は毎年流行るものですが、その年によって違いが
あったりするのをご存じでしょうか。
夏風邪は冬の風邪とはウイルスが違うので、当然その年
ごとに流行りの傾向も異なります。

2016年に関しては、気温が高くなる日も多くなりそうと
いうことで、夏風邪のウイルスが好む環境となりそうで
す。

そのため、2016年は夏風邪対策もしっかり行っておく
ことが必要となるでしょう。

特に風邪は引いてからの治療はもちろん、引く前の予防
の面もしっかりと考えなくてはなりません。
それも冬風邪とは違う特性を持っているため、夏風邪に
注意しておきたいですね。

普段から手洗いとうがいをするようにし、エアコンなど
を効かせすぎないようにすることも重要です。

そのほか、マスクの着用や目薬をするなど、対策方法
もたくさんあります。意外かもしれませんが、夏風邪の
原因となるウィルスは目にも感染することがあります。

 

 

夏風邪が長引く理由について

 

 

夏風邪はウイルス性の病気ということもあり、抗生物質
などはありません。

そのため、なかなか治らないという方もいます。
現代人は免疫力も低下していますし、そもそも生活の
バランスが崩れてしまっていて、健康体ではない方も
多くなっていますからね!

そう考えると、夏風邪が長引くのも分かります。
もちろん理由はそれだけではなく、夏風邪の特性なども
関係していると言えます。

例えば、夏風邪は高温多湿を好むため、冬の風邪の様に
部屋や身体を温めて治すという方法が逆効果となること
もあります。

また、体力が衰えることによって、再び夏風邪の症状が
出てくるという方もいます。
そういう二次的な症状についても対処していかなくては
ならないのです。

 


スポンサードリンク


 

早く治す方法1:こまめな水分補給

 

 

WS000002

 

風邪を引いた時、とにかく汗をかくのが良いと思って
いる方も少なくないはずです。

確かに冬の風邪であれば、体温を温めて汗をかくことで
ウイルスを撃退することも可能です。

しかし、夏風邪の場合は体温を温めると、ウイルスが
好きな環境となってしまうワケです。

かえってウイルスを活性化させてしまうことになると
言えるでしょう。冬にひく風邪のように体を暖める必要は
ありません。クーラーで適度に部屋を涼しくして安静に
しているのが効果的です。

それと、汗をかくというのは脱水症状にも繋がるので、
体力自体も失われていくことが多くなります。
そうなると、結果的にウイルスに弱い身体になって
しまいますよね。

 

こまめな水分補給を行うことで脱水症状を防ぎ、その
状態のまま体力を維持することが重要です。
特に夏は暑さもあり、体力が奪われていきます。
水分も汗によって奪われていきますよね。

夏風邪で熱が出ている状態の時は、身体を涼めること
も視野に入れておきたいです。
実は夏風邪のウイルスは、乾燥と寒さに弱いです。
その弱点を突くことが重要ということですね。

また、水分補給することによって、身体の中の不要な
ものを体外に排出することができるので、健康にも
良いと言えますよ。

 

 

早く治す方法2:睡眠を取る

 

 

WS000003

 

人間が体力を回復させるためには、睡眠がとても重要だ
と言えます。

むしろ眠らないと身体が疲れてしまって、ウイルスに
勝つことができなくなってしまいます。

近年は睡眠を十分に取っているという方も少ないため、
それが免疫力の低下になってしまっているワケです。

もちろん食生活や運動によって免疫力を付けることは
可能であるものの、やはり睡眠はとても重要な鍵となり
ます。

実際のところ、普段から7時間程度眠っている人と
4時間ほどしか眠っていない人だと、後者の人の方が
圧倒的に体力も少ないです。

免疫力が低いことにより、さらに他の病気になってしま
うリスクも抱えていると言えるでしょう。

もちろん夏風邪になると、身体がだるいですし、体調も
優れないことから、眠れなくなる方もいます。
まずは眠りやすい環境を作っておき、安静にしておく
ようにしましょう。

 


スポンサードリンク


 

早く治す方法3:栄養のある食事

 

 

WS000004

 

普段から食生活が乱れている方は、食事の内容も考えて
おくことが必要となります。
風邪の場合は、栄養のある食事をしないと体力が低下し
てしまうので、気を付けてください。

体力や栄養を付ける食材としては、ウナギやニンニクの
他、各種野菜や肉類も効果的です。

夏バテ対策も同時に行っておくと、体力の減退を避ける
ことができるので、結果的に夏風邪の予防にもなります
よね。

あとはフルーツを取り入れてビタミンを確保するなど、
身体に良い食生活を心がけましょう。

 

秋風邪の症状は?

 

早く治す方法4:代謝を高める

 

 

症状があまりひどくないという時は、ぬるま湯などの
お風呂に入って、代謝を高めることも効果的です。

風邪を引くと「お風呂はダメ」という方がいますが、
実はお風呂なども効果的なのです。

ただ、夏風邪の場合は温めるとウイルスも元気になって
しまうので、その点は十分注意しておきたいですね。
身体のウイルスを洗い流すだけであれば、シャワーの方
が効果的だと言えます。

 

 

むしろ夏風邪などでお風呂に入らないと、それが結果と
して、ウイルスが住みやすい環境となってしまうので、
定期的にお風呂は入った方が良いです。

もちろん普段から入っているという方は良いですが、
夏になるとシャワーだけで済ませるという方もいる
ため、しっかり汚れは落とすことが必要です。

その他、普段から運動して代謝を高めておくというのも
良いことですね。
運動不足になっている方は、ウォーキングでも良いので
始めてみると良いでしょう。

 

 


スポンサードリンク


早く治す方法5:安静にしておく

 

 

夏は何をするにも体力を使いますし、熱さによって疲れ
が残ってしまうことも多々あります。
夏風邪の時は無理をせず、何もしないで安静にしておく
ことが重要だと言えます。

何かしてしまうと身体を動かすことが必要となり、結果
として身体が休めなくなります。
現代人は特に風邪を引いても「頑張らなきゃ」と仕事を
してしまうことも多いので、夏風邪の時は素直に休みを
取ることが重要です。

本来は会社も学校も休むべきなのですが、普通の風邪だ
と思って通勤、通学する方が多いです。
人に移してしまうこともあるので、症状を見ながら休み
を入れるなど、身体に合わせて安静にすること!

風邪は早く治すことが絶対条件となるので、無理をせず
休むことに徹しましょう。
そうすれば、早く風邪も治るし、体力も回復して今まで
通りの健康的な生活に戻ることができます。

兎にも角にも無理はしないことが大切です。

 

 

2016年の流行傾向について

 

 

2016年の傾向としては、猛暑が予想されます。
なので、体調を崩す人も多く、夏風邪が例年よりも
流行しそうです。

今年の夏に関しては、気温も高くなる日が続くため、
体力の減退と夏バテには十分注意しておきたいです。

体力が下がってくるという時期だからこそ、しっかり
毎日身体を休めて、免疫力を付けておくことが重要だと
言えるでしょう。

まだまだ2016年すべての予測をすることは難しいので
一人一人が、しっかりと対応していくようにすると、
夏風邪も怖くはないでしょう。

今一度食生活と運動、睡眠など生活習慣を見直して、
その上で対応していくようにすると良いでしょうね!

ヘルパンギーナの治療薬は抗生剤?飲まない?市販薬は効果ある?

ヘルパンギーナの潜伏期間や感染経路は?画像や痛みのピークは?

ヘルパンギーナの子供の症状は喉の痛みやよだれ?大人は?


スポンサードリンク


関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ