夏風邪が治りにくい原因は?予防対策や病院での検査は?

夏風邪を引いてしまうと、なかなか治らないことも多く
て疲れますよね。
体力的にも元気がなくなってきますし、風邪の症状に
よって体調が優れない日が続くのは嫌ですよね!

夏風邪は冬に引く風邪とは異なる性質を持っていて、
対策方法などもそれぞれ異なります。

その点はしっかり注意して対策しておくことが必要とな
るので、今年の夏はみなさんも気を付けてくださいね!


スポンサードリンク


かくいう筆者も風邪は滅多に引かないのですが、夏に
なると体調が悪くなることもあります!
あれって夏風邪なのかな。

今回は夏風邪が治りにくい原因と予防対策、病院での
検査などについて紹介していきます。

 

WS000002

 

そもそも夏風邪とは

 

 

そもそも夏風邪がどのようなものなのか知らない方も
いるかもしれませんね。

実際多くの方が風邪を引いたとは思うものの、それが夏
風邪かどうかの判断は難しい点もあります。

単純に夏に風邪を引いたから、夏風邪だという方もいる
ことですしね。
基本的に夏風邪は冬の風邪とは異なり、高温で多湿な
環境を好むウィルスが原因で発症するのが特徴となっています。

つまり、寒いから風邪を引くという通例を打ち破って
蔓延するのが夏風邪なのです。

梅雨時期から本格的な夏にかけて活発に活動するように
なるので、ウイルスには十分気を付けておくことが必要
だと言えるでしょう!

これらの夏風邪に悩まされそうな方はもちろん、風邪を
ここ数年引いていないという方も対策はしておいた方が
良いですね!

 

 

夏風邪のウイルスについて

 

 

WS000007

 

夏風邪のウイルスは、主にエンテロウイルスアデノ
ウイルス
が代表格となっています。

夏風邪の場合は、これらのウイルスが風邪の症状と合わ
せて、胃腸障害などの症状も発生させます。

高温多湿を好む傾向にあるので、冬風邪のように身体を
温めたり、部屋の温度を暖かくしたりするなどの対策は
無意味ということになります。

ウイルス自体が、その環境を好んでしまうので逆効果に
なってしまうことも多々あります。

実はそれも夏風邪を長引かせてしまう要因と言えます。
夏風邪を引いた場合は、そもそもウイルスの特徴が違う
ことを把握し、その上で対策していくことが重要となり
ますね!

なお、冬の風邪に関しては、RSウイルスやコロナウイ
ルス、インフルエンザウイルスなどが代表的です。
それぞれ性質が異なる点に注目しておいてください。

 

 

夏風邪が長引く理由1:冬風邪と勘違い

 

 

夏風邪が長引く理由の一つが、冬風邪と勘違いして対処
してしまっているという点が、まずは挙げられます。

先ほども説明したように、夏風邪は高温多湿を好むため
に、冬の風邪の対策方法で効果がありません。

当然「風邪を引いたから部屋を暖かくして、身体も温か
い状態にしておかないと」と思ってしまうワケです。
そうなると、逆に夏風邪にとって好都合な状況を自分で
作ってしまうことになるワケです。

当然、勘違いしたまま対処していけば、冬の風邪よりも
長く症状が出てしまうのは当然ですよね。

風邪というのは大きく分けて夏と冬のものがあると知る
だけで、大きく対策方法も変わってくると言えます。

なお、夏風邪の場合は睡眠や栄養をとり、自然に
治癒するまで待つというのが一般的です。

身体を暖めるといった、冬風邪のような対策は
不要です。

ただ、エアコンをずっと作動させていると、逆に体調を
崩してしまうこともあるので注意したいですね。

とにかく冬の風邪と対策方法が異なることを頭に入れて
おくことが重要だと言えますね!

くれぐれも冬の風邪と同じだとは思わないことが大切だ
と言えますよ。

 

 


スポンサードリンク


夏風邪が長引く理由2:室内と室外の温度差

 

 

夏風邪を引く場合、その原因の多くが室内と室外の
温度差によるものです。
エアコンが効いた室内と猛暑日や真夏日の屋外では、
温度もかなり違ってきますよね。

そのあまりの気温差の大きさに、身体のバランスが崩れ
てしまって、結果的に風邪が長引いてしまうワケです。
身体のバランスが崩れると、当然ウイルスにとっては、
もっと住みやすい環境となってしまいますよね。

当然、風邪のウイルスが心地良い環境となってしまう
ため、長引いてしまうのです。
普段から免疫力を付けておくことが重要ですし、精神の
乱れに関しても注意しておくことが必要となります。

それと、普段からエアコンや暖房に頼っていると、体の
体温調節機能が低下するので、あまり使わないで体温を
コントロールできるように身体を慣れさせておくことも
重要ですね。

 

 

夏風邪が長引く理由3:自律神経の乱れ

 

 

先ほどの室外と室内の気温差が激しくなると、人間の体
に色々な影響が出てきます。
その一つが自律神経の乱れです。

自律神経というのは、人間の生命維持を司り、健康的な
精神状態や身体の状態を保ってくれるものです。

しかし、当然これが乱れてくると、夏風邪のウイルスに
簡単に負けてしまう体となってしまうのです。

また、自律神経が乱れると体温調節が難しくなり、結果
としてさらに夏風邪が悪化してしまうこともあります。
場合によっては二度目の夏風邪に感染してしまうなんて
こともありますよ!

エアコンの温度を高めに設定したり、オフィスで寒いと
感じたら、何かはおるものを対策しましょう。

 

 

夏風邪が長引く理由4:免疫力の低下

 

 

夏は夏バテなどによって、正常に食事ができないことも
ありますし、先ほどの室内と室外の気温差によって体の
バランスが崩れてしまうこともあります。

そうなると、当然免疫力も低下してくるワケです。
免疫力が低下するということは、ウイルスが簡単に住み
付きやすい環境となってしまうワケですよね!

ただでさえ、現代人は運動をなかなかしないので、免疫
力が低下することにも繋がってきます。

夏バテになると食事による栄養摂取が難しくなるので、
普段から健康的な食事を摂るように心掛けましょう。

また、定期的な運動も取り入れて、健康体を作っておく
こと
も重要なアプローチ方法だと言えます。

常に免疫力が低下しているようなものが現代人なので、
意識的に免疫力を高めることが必要です。
適度な運動と効果的な食事を摂取し、暑苦しい夏を
吹き飛ばしてみてはいかがでしょうか?

 

 

予防対策の方法について

 

 

夏風邪は予防と対策が一番重要です。
基本的なことですが、ウイルスが身体に入らなければ、
当然夏風邪になることはありませんよね?

予防対策をすることによって、常に健康な状態を保つこ
とが重要だと言えます。

予防に関しては、手洗いとうがいをしっかり行うこと
対策しておきましょう。

また、エアコンの付けっぱなしや寒暖差には十分注意し
てください。

それと、お風呂にはしっかり入りましょう。
夏風邪のウイルスは皮膚に付着しやすいですし、汗ばむ
ことが多い夏は、ウイルスの温床となってしまいます。

毎日ウイルスが付きにくい清潔な身体にすることが必要
だと言えますね。

その他、汗をかいて治そうとするのは避けて下さい。
夏風邪の場合は、汗をかきすぎると脱水症状になって
しまうことも多いので、汗をかきすぎることに関しては
注意した方が良いです。

その他エアコンを効かせすぎないことや、人混みを避け
ることなどが重要と言えますね。

 

 

病院での検査方法は?

 

 

WS000003

 

夏風邪の病院での検査方法としては、医師が症状の程度
具合を見ながら診察する方法の他、色々な方法を使う
ようになっています。

一つが迅速検査です。

迅速検査というのは、喉に綿棒を擦りつけて、粘膜を
調べる方法となっていて、ウイルスがいないかどうかを
判断します。

もう一つが血液検査です。

プール熱の時などにも利用される検査方法で、結果が
出るまでに時間を要することもあります。

なお、血液検査の場合は時間がかかるので注意しておき
たいところですね。

しかし、診断が出たところで、夏風邪の治療手段はないので
診断書を出してもらって、保育園の登園許可や仕事を休む時の
診断書に使うことくらいではないでしょうか?

夏風邪だと思ったら、正しい方法で治して行くべきです
ね!


スポンサードリンク


関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ