風邪の頭痛が続く原因は?熱や鼻水の治し方は漢方が効果ある?

風邪で頭痛だけ長引いたり、鼻水だけ長引いたりする
ことがありますよね。
長引いてしまうと、違う病気になってしまうこともあり、
合併症などの危険性も出てきてしまいます。

まずは、その原因を知り、改善していくように心がける
ことが必要です。
風邪による頭痛などは、様々な原因があり、一概には
これといった原因を挙げるのは難しいです。


スポンサードリンク


ここでは、そんな頭痛や熱、鼻水の治し方について紹介
していき、漢方などの効果についても紹介します。
漢方はお勧めのものも紹介するので、参考にしてみて
下さい。

風邪の頭痛が長引く原因

風邪の頭痛には様々な原因があり、気付かずに長引く
ということもあるのが特徴です。
原因を知り、頭痛にならないようにすることが、一番の
解決策に繋がっていくと言えるでしょう。

・発熱による頭痛
発熱が続いている場合は、頭痛も一緒に長引くことが
多くなります。
発熱すると、体内の血管が膨張し循環が早くなります。
そうなると、血管が膨らむことで神経を圧迫してしまう
のです。

神経が圧迫された状態のままになると、脳が痛みを感じ
てしまうので、頭痛が長く続いてしまいます。
熱が出ている場合は、頭痛と一緒に熱も下げる治療法が
最適と言えます。

・自律神経の乱れ
風邪を引くと、身体がストレスを感じて、自律神経が
刺激されてしまいます。
中でも交感神経が働いている時は、筋肉が緊張して
しまい、結果的に神経を刺激してしまいます。

筋肉が緊張すると、肩や首が張るため、それによって、
脳内に循環する血液量が不足してしまいます。
脳内の血管がストレスを受けることで、周囲にある
神経を刺激し、結果的に頭痛を引き起こします。

・蓄膿症
頭痛が続く原因としては、鼻などの器官が関係している
こともあります。
特に蓄膿症になっていると、風邪にも似た症状を伴う
ことから、単に「風が長引いているのか」と考える方も
多いです。

蓄膿症になると、細菌によって炎症を引き起こす可能性
があるため、それが頭痛に繋がることもあります。


スポンサードリンク


熱や鼻水の治し方

風邪の中でも発熱や鼻水というのは厄介な症状です。
症状が長引く場合は、他の病気になってしまっている
こともあるので、早めの病院受診が必要です。

・熱の治し方
熱を治す方法としては、暖かくして体温を保つことが
重要となります。
良く「たくさん汗をかけば治る」という話を聞いたこと
がある方もいると思いますが、これは必ず正しいという
ことでもないです。

熱が出るということは、体内のウイルスを退治するため
に身体が戦っている証拠です。
体温は37℃から37.5℃に保つようにし、免疫機能を
普段よりも高めることが重要です。

・鼻水の治し方
鼻水も風邪のウイルスによって引き起こされる症状
の一つです。
鼻水は、身体の防衛本能の一つで、ウイルスを体外に
出すために出てくるものとなっています。

つまり、体内のウイルスを退治すれば、鼻水もおのずと
治まっていきます。
熱と同様に、身体を温めて免疫機能を高めれば、
鼻水が出てくることも少なくなります。

漢方という治し方

風邪を治す方法として、漢方が使われることも多いです。
風邪薬などは、あくまでも人間の自然治癒力を高める
ことが目的となっており、ウイルス自体を死滅させる
ものではありません。

つまり、漢方などを利用することによって、身体の
健康を取り戻すという方法が効果的です。

・葛根湯
風邪の初期症状などにも効果的で、なおかつ蓄膿症にも
効果的と言われている漢方です。

・小青竜湯
発熱や悪寒、頭痛の時に効果的な漢方がこちらです。
身体の免疫力が高まり、喘息や腎炎、湿疹などにも
効果があると言われています。

・柴胡桂枝湯
風邪が長引いている時に、効果的な漢方と言えます。
頭痛に効果的なものなので、風邪の時にも有効です。

他にも漢方の中には、風邪の熱や鼻水に効果的なもの
も多いので、積極的に取り入れてみましょう。


スポンサードリンク


関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ