マイケルチャンの年収や身長ランキングや名言は?妻や使用ラケットは?

錦織圭のコーチのマイケルチャンですが、
錦織に師事すると、たちまちランキングが上昇し
今ではTOP10の常連となっています。

そんなマイケルチャンの年収や性格はどうなのでしょう?
ウワサのアンダーサーブの動画もまとめてみました。


スポンサードリンク


マイケルチャンはどのような選手だった?

 

 

まずは、マイケルチャンのプロフィールから

 

国籍:アメリカ(台湾からの移民)
誕生日:1972年2月22日
身長:175cm
体重:72kg
利き手:右
バックハンド:両手打ち
現役の期間:1988~2003年
ツアー通算:34勝

 

WS000003

 

マイケルチャンが有名となったゆえんは、1989年
の全仏オープンで17歳3ヶ月という若さで優勝を
果たした
ことです。

男子のシングルスで史上最年少の快挙であり
未だに破られていません。最高のランキングは2位で
その後10年間は、ずっとトップ10を記録していました。

彼のプレースタイルは粘り強いフットワークと
強靭なメンタル
です。伝説の試合となったのが
1989年の全仏オープン4回戦のイワン・レンドル
との対戦
でした。

 

マイケルチャンとイワンレンドルの試合

 

当時、イワンレンドルはストロークとサーブが武器で
機械のような正確さも兼ね備えており優勝候補の
一角でした。

最初は2セットをとられて、このまま負けるかと思いきや
手足を痙攣させつつも、アンダーサーブやロブを繰り出し
見事、大逆転勝ちを収めました。

この時のアンダーサーブの動画がこちらです。

マイケルチャンのアンダーサーブ動画

この動画の初めのあたりに、レンドルの意表をついた
アンダーサーブを繰り出し、ミスを誘っています。

普通レシーブのポジションはベースラインより1~2m
後ろですが、アンダーサーブはサイドスピンがかかっており
ボールが伸びてきません。

結果としてレシーバーは前にいかざるを得なくなり
強制的にレシーブダッシュをしなければならない
ケースもあります。

この時は、普通にサーブすると見せかけて
すぐに、アンダーサーブをしていますから
精神的に相手にプレッシャーをかけられたでしょう。

 

 


スポンサードリンク


気になるマイケルチャンの年収は?

 

 

今、現在は錦織のコーチを1年のうち、3分の1ほど
担当していて、その報酬が年間で7000万円ほどと
言われています。

さらに、TVの出演料や他のテニス活動も合わせれば
少なく見積もっても年収1億円は行くだろうと
見込まれています。

ちなみに、他の有名選手のコーチはもっと高額の
ようです。マイケル自身もお金のためというより
錦織の指導の情熱が勝っており、安価な値段で
コーチを引き受けたといわれています。

 

 

マイケルチャンの性格は?名言は?

 

 

マイケルチャンが錦織のコーチに就任してから
指導内容が大きく変わりました。

徹底的なフィジカルの強化と、メンタルの強化です。

錦織は以前、尊敬している選手にフェデラーを挙げ
彼と対戦するときは、ワクワクすると言っていたそうです。

これを聞いたマイケルは激怒して、どんな格上の選手でも
自分が勝ちにいくと思って試合をしろ、そうでないと
優勝できないと指導したそうです。

確かに自分もトーナメントで試合をしたときに上位シード
選手と当ったときは嬉しいという気持ちがありました。

普段、レベルが離れている選手と練習する機会は
ありませんし、緊張とワクワクが半々でした。

しかし、このようなマインドは絶対にいけません。
どんな選手であっても食って掛かって負けん気を
出していかないと試合以前のメンタルの部分で
すでに負けていってしまっています。

 

 

マイケルの練習は日本の体育会のような練習で
キツイ球出しとキツイ罵声を浴びせて錦織を
精神的、体力的に追い込んでいくというものです。

マイケル自身、身長やパワーが外国人選手と比べて
劣っていたので、そこをフットワークでカバーしようと
現役時代は、キツイ球出し練習をこなしていたと言われています。

また、マイケルが錦織に教えた戦術の一つとしてベースライン付近
でストローク線を展開するというものでした。

従来の常識では、ストローク戦になると多くの選手はベースライン
より3~4mほど後ろに下がって守備的なポジショニングを
とり、粘り強くラリーを続けるのが主流でした。

 

 

クレーでのナダルの戦い方が代表的な例です。
しかし、この戦いを錦織がしようとするとどうしても
体格やパワーが、他の外国人選手と比べて不利になります。

そこで、ベースラインより1mくらい後ろにポジションを
とって、ライジング気味のショットを打つことによって
相手の球威を利用し、さらにサイドにあまり振り回される
ことのない新しいスタイルのテニスを提唱しました。

この戦術により、2014年の全米オープンの準決勝で
世界王者のノバクジョコビッチを倒す快挙を成し遂げました。

しかし、ライバルの徹底的な錦織対策により、これ以降
BIG4と対戦しても思うような勝ち星を挙げられなく
なってしまっています。

 

 

そんな粘り強さをモットーに生きてきた
マイケルチャンの名言がこちらです。

・身体の大きさなんて関係ない。自分の長所を活かせるテニスをすればいい

・戦う相手を尊敬なんてしていたら、勝つことなんてできない

・頂点に立った戦いは肉体の戦いではない、精神の戦いだ。

・勝ったときには謙虚さを、負けたときには潔さを。

・いつも正解ばかり出さなくてもいい。人間なのだから。

・ひとりで闘うテニスは人生そのものです

・退屈な反復練習をさせたことについて、プレッシャーがかかる
場面でも迷いや疑いなくショットを打てるようにするためだ、
自分への疑いがなくなればそれが自信になる

 

精神論というか哲学にも通じる感じですね。

 

 
錦織圭全仏オープン2016の結果速報や優勝予想は?対戦相手は?

全仏オープン2016のドローや試合日程は?放送予定や予選や賞金は?

錦織圭の試合予定2016は?放送日程予定やNHKのスケジュールは?

 

マイケルチャンの妻や家族は?使用ラケットは?

 

 

マイケルチャンは、現在奥さんのアンバー・リュウさんが
いらっしゃり、娘さん2010年に誕生しています。

 

WS000004

 

WS000005

 

マイケルは非常に家族を大事にするスタンスで
テニス選手やコーチは年中海外を遠征するために
家族との時間がとれないケースも多く離婚してしまう
場合も少なくありません。

錦織のコーチに就任する際に、家族も一緒に連れて行くこと
を条件の一つとして提示しました。

これを錦織は快諾。以来、マイケルの家族と共に
外食に行くこともあり、家族ぐるみの付き合いが
続いているそうです。

 

 

マイケルチャンが現役時代使用したラケットで
有名なのがプリンスが発売した
マイケルチャングラファイトです。

彼が全仏で優勝した後、パワーテニスが主流となり
同じアメリカのアガシやサンプラスが力をつけてきた
中、スランプに陥ってしまいます。

そんな中、このラケットを使用して、世界ランク2位まで
再びのぼりつめることができました。

このラケットの特徴としては、従来のモデルより
2cm長いことです。ラケットが長いと遠心力が
より、ついてボールにパワーが生まれ、リーチも
長くなるというメリットがあります。

 

WS000007

 

しかし、ラケットが重くなり扱いづらいという
デメリットもあります。そのデメリットを
筋力と体力を強化したことで克服したと
言われています。

ちなみに現在はバボラのラケットを使用しているとのこと。

マイケルチャンの指導のおかげで、錦織圭がグランドスラムで
優勝できるのも、そう遠くないに違いありません。

日本人に不利と言われているテニスですが
是非とも、錦織はもっと上位のランキングに
上り詰めてほしいですね。

錦織圭の年収CMギャラやランキング最新予想は

錦織圭コーチのマイケルチャンの契約内容やきっかけは?彼女に激怒?

錦織圭の彼女は観月あこ?ローマで文春がスクープ?結婚噂の真相は?

錦織圭と坪井保菜美の破局原因は中川真理子と密会浮気だった?噂真相は?


スポンサードリンク


関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ