紫外線アレルギーの原因や治療は?検査や病院での処方薬は?

紫外線アレルギーとは、紫外線を浴びることで痒みや湿
疹が生まれたり、肌が真っ赤に腫れ上がったりする病気
のことです。また、悪化すると嘔吐や頭痛、眩暈にも発
展してしまいます。

当ページでは、これら紫外線アレルギーの原因や治療法
についてご説明していきますので、是非ご参考下さい。


スポンサードリンク


紫外線アレルギーの原因って?

 

紫外線アレルギーの発症は突発的であり、これまで日光
を浴びても全く問題なかったのに、ある日いきなり発症
してしまったというケースも少なくありません。

花粉症のようなアレルギー反応と似ており体内の
紫外線の許容量がある一定ラインを超えると
紫外線アレルギーは発症します。

 

WS000002

 

何故こんなことが起こってしまうのか。

紫外線アレルギーは「内因性」と「外因性」に分類する
ことができます。

 

・内因性

紫外線を浴び過ぎてしまい、人体の紫外線に対する抗体
量を超過してしまった場合に発症してしまう。

この抗体量は遺伝によって異なるものと考えられていま
す。また、比較的女性に発症することが多いです。

 

・外因性

薬や湿布、日焼け止めクリームなどに反応して発症する
こともあります。これは服用したものが紫外線を吸収し
て光毒性を生み出してしまい起こり得ます。

紫外線アレルギーの皮膚の症状で最も多いのが顔の部分です。
これは、特に女性に多く、お化粧に含まれる化学物質と
紫外線が反応してしまうからだといわれます。

 

内因性・外因性を整理すると、紫外線アレルギーの原因
は以下に纏まります。

・紫外線を浴び過ぎて抗体量を超過してしまった
・日焼け止めや湿布等が引き金となってしまった
・遺伝的なもので元々発症しやすい身体だった

他にも、ストレスやアルコール中毒が原因で発症……と
いうケースもあると考えられていますが、未だ実情はハ
ッキリしていません。

 

 


スポンサードリンク


紫外線アレルギーの治療や検査について

 

 

紫外線アレルギーと疑わしい場合はすぐに専門の皮膚科
に足を運びましょう。

受診すると、まず最初にアレルギー検査が行われます。
光線過敏症テストといって、UVA光線やUVB光線と
いう特殊な光線が当てられ、異常が診られた場合は採血
やパッチテストに進みます。

検査費用は保険適用されて、光線過敏症テストはだいたい
3000円くらい、追加の血液やパッチで検査する場合は
さらに2000円ほどかかります。

症状の程度により、ステロイドの外用や抗ヒスタミン剤
の内服、重症時にはステロイドの内服を行います。

 

 

一度、紫外線アレルギーにかかると、対処療法といって
完治させることは不可能で、症状の程度を和らげるという
治療方法のみになります。

長期にわたる服用は医師も推奨しておらず、さらに服用
しても紫外線アレルギーを完治するのは難しいのが現状
なので、予後の遮光や日光対策は必至です。

一番副作用も少なく体に負担にならないのは、
紫外線指数の高い日は外出を控えたり、
サングラスを付けたりや帽子を被る等の対策を心がけて
ください。

 

紫外線に強くなる栄養素

 

紫外線の対策や治療には日焼け止めや医師から投与され
た薬が必要不可欠ですが、他にも食生活の見直しも治療
や対策に繋がりますので、こちらでしっかり抑えておき
ましょう。

:ビタミンB

ビタミンBが不足していると身体が疲労しやすくなり、
口内炎や口角炎、舌炎を引き起こす、目が充血する、湿
疹を発症しやすくなります。

ビタミンBは、卵、納豆、レバー、いわし、うなぎのか
ば焼きなどに多く含まれています。

 

:ビタミンC

ビタミンCは、紫外線に対して抗体を作ってくれます。
昨今では、食生活が豊かになった反面、ビタミンCが欠
乏していると言われていますので、積極的に摂取してい
くよう心がけましょう。

ビタミンCは野菜、果物に多く含まれています。
(例)ブロッコリー、ほうれんそう、レモン、イモ類

 

:ビタミンE

ビタミンCと同じく、紫外線に対して強くなれます。
ビタミンEの摂取にはビタミンCが必要不可欠なので、
上記の野菜、果物と一緒に摂っていくようにしましょう。
玄米、植物油、ピーナッツ、かぼちゃ、にんじん類

 

:ミネラル

ミネラルには様々な効力があります。

・歯や骨を丈夫にする
・貧血の予防
・疲労回復

魚類や海産物(ワカメ、海苔等)に多く含まれています。

一人暮らしの場合、これら栄養の摂取が疎かになってし
まうことも多いので、自ら積極的に食生活の改善に挑み
ましょう。


スポンサードリンク


関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ