夏秋のしもやけの症状は水ぶくれやしびれ、かゆみ?写真画像は?

しもやけと言えば、冬になりそうなイメージが
ありますが、実は季節を問わずなってしまう
場合があります。

写真画像など実例をあげてどのように
対策をしたらいいのかまとめてみました。


スポンサードリンク


 

しもやけの症状は?

 

しもやけの症状の分類は大きく分けて二つあります。

WS000004

・多形滲出性紅斑型

これは、手足の指先の先端部分や耳たぶや鼻など
先端部分が、赤く腫れたりただれたりする症状です。

主に大人に多い症状とされています。

 

・樽柿型

これは、手や足が全体的に赤く腫れている症状です。
子供や幼児、赤ちゃんに多いケースとされています。

具体的な症状は?

 

しもやけの症状としては、かゆみやしびれ、赤み、
水ぶくれがあります。重症の場合は水ぶくれが破れて
その傷口から細菌感染して化膿することもあるようです。

 

しもやけの原因は?

 

先ほど、しもやけの症状をいくつか挙げましたが
血行不良が原因です。周りの温度が低いと人間は
頭や心臓など生命にとって重要な機能の温度を
保とうとするので末端の部分の温度を低くします。

寒くなると手足の指先の血管が収縮します。
そして暖かい室内に戻ると動脈の血流はすぐに
よくなりますが、静脈の血流はなかなか元に
戻らないという性質があります。

この二つの血管の血流が元に戻る時間差によって
手足の末端部分に栄養素が行かなくなるのが
原因とされています。

その他、遺伝や体質が関係しているとされています。
親がしもやけで悩んでいると子供もしもやけが
起こりやすいといわれています。

基本的にはしもやけは冬に起こりますが
実は夏や秋にも起きることがあります。

 

 

夏のしもやけの原因は?

 

 

しもやけは冬の寒い時期に起きるものであって
夏のような暑い時期には絶対に起きないと
思われがちですが、原因な何なのでしょう?

夏はクーラーが効いている室内と外の暑い気温差
自律神経が乱れがちです。そのため血行不良と
なってしまいます。

また、外に出たときに大量の汗をかいてそのまま
室内のクーラーにあたると、急激に皮膚が冷えます。

基本的には夏にまでしもやけになる人はもともと
冷え性の体質なので体を冷やさない対策をとりましょう。

例えば冷房の効いた室内では必ず上着をはおるようにする。
特に冷たい空気は下へと滞留するので厚手の靴下を
はくなどです。

 

 

秋のしもやけの原因は?

 

秋は冬ほど寒くありませんが、天気がよく空気が
澄んでいるので放射冷却で夜間の気温がグッと下がります。


スポンサードリンク


そのため思っている以上に気温が低くなります。
夜寝ているときには靴下や手袋をするなどして
手足の温度を少しでも下げないようにしましょう。

ちなみに、靴下は五本指がオススメです。
足の指が広げられるので血行促進効果が
高まります。

 

しもやけに効果的な治療法は?

WS000009
 

 

しもやけで一番しんどい症状といえば、かゆみでしょう。
赤く腫れて感覚が鈍っているので強くひっかいても
かゆみが治まりません。

しかし、あまりにつよくかくと、皮膚がただれて
最悪化膿することもありえます。

血行が悪いからといってお湯につけたりストーブの
前に手をかざしたりすると、余計に患部がジンジン
きます。

 

このような時には応急処置としてエアーサロンパスが
オススメです。

 

エアーサロンパスには血液循環をよくするlメントールや
dlカンフルと、皮膚の炎症を抑えるサリチル酸メチル
やサリチル酸グリコールが含まれています。

 

オススメの使い方がお風呂を出た後にしもやけの患部に
さっと吹きかけましょう。そのまま寝ると布団に匂いが
ついてしまうので手袋なり靴下を履いたまま寝れば
問題ないです。

しかし、患部をかきすぎて、血が出たり化膿している
場合は染みて、さらに症状が悪化する可能性があるので
あくまで、皮膚が赤く腫れている時だけにしましょう。

WS000010

写真画像は中指と薬指の二本がしもやけの
症状にかかっています。

 

しもやけの薬で皮膚科病院の処方と市販の違いは?

足の指のしもやけの予防対策は?原因治療やマッサージビタミンEは効果ある?

あかぎれ治療やひびの違いは?

ひどい指先のあかぎれにヒルドイドは効果ある?

手のあかぎれがひどい原因は?治し方や薬は?ハンドクリームは意味ある?

しもやけの治療方法としては血行促進が基本ですが
どうしてもかゆくなって我慢できないときは
エアーサロンパスや湿布を貼って応急的な対策
をしましょう。


スポンサードリンク


関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ