インフルエンザB型の潜伏期間は?症状は熱や咳、頭痛!薬で完治する?

数年おきにやってくる憎いやつ“インフルエンザB型”。
インフルエンザB型の場合は数年おきに来ることが
多いと言われており、その他のA型などは毎年のように
流行することが多いですよね!

一度インフルエンザになったことがある方ならわかる
と思いますが、インフルエンザはかなりキツい!
正直立っているのもやっとですし、数日間寝たきりに
なってしまうこともありますよね。


スポンサードリンク


筆者も昔は身体が弱かったので、よくインフルエンザ
になって学校を休んでいましたよ!笑
それくらい憎いやつなんですよね。

そこで、今回はインフルエンザB型の潜伏期間や症状に
ついて紹介していきます。
また、薬で治るのかどうかも説明しますね!

 

 

潜伏期間と流行時期

 

 

インフルエンザB型に関しては、潜伏期間が2~3日
なっています。
ウイルスが体内に入り、数日後に発症するというのが
症状の特徴となっていますね。

なお、毎年のように流行るインフルエンザは、主にA型
でありB型よりも前に流行ります。
B型が流行する時期としては、2月~3月頃となっていま
すね。

A型の流行が終わって以降に流行るものなので、意外と
油断しやすいのが特徴となっています。

 

 

筆者は普段A型にかかることが多いのですが、一度油断
してB型に感染してしまったことがあります。

若干時期外れということもあり、体調管理も難しいのが
嫌なところですよね!

インフルエンザになりたくないという方は、1月頃から
対策をしっかりしておくようにしましょう。

マスクの着用はもちろん、手洗いとうがいは必須です!
普段あまり手洗いやうがいの習慣がない人も多いので、
しっかり綺麗にしておくことをおすすめします!

また、この時期は人通りが多い場所も避けたいですね!
B型は人から人へ感染する力が強いです。

 

 

インフルエンザB型の症状

 

 

インフルエンザB型に感染すると、以下のような症状が
出てきます。

・胃炎
・上気道炎
・気管支炎

これらはA型とは違った症状となることもあるので、
単なる風邪だと勘違いしてしまう方もいます。
症状自体が風邪よりも重いので、少しでも怪しいと思う
場合は、早めに病院で見てもらった方が良いですね!

もちろん、インフルエンザ特有の症状も出てきます。

・高熱
・寒気や悪寒
・動悸や震え
・咳
・痰
・関節痛

上記の症状が出て、数日間身体を苦しませてきます。
当然、インフルエンザにはかからないことが一番!
しっかりと予防対策をしておきましょうね。

また、気管支系や消化器系の炎症を起こしやすいという
特徴があるので、そちらも十分気を付けて下さい。
免疫力が下がってくると、他の病気も併発する可能性も
ありますよ!

スポンサードリンク


薬なくても治る?それとも薬で完治する?

 

 

インフルエンザの場合は、風邪と勘違いする方も多く、
中には自宅で直すという強者もいます!
しかし、症状に気付いた時には基本的に病院に行くこと
をおすすめします。

やはり、病院に行かなければはっきりとしたことも診断
できませんし、もしかしたらインフルエンザではないか
もしれません。

インフルエンザだった場合は、病院で抗インフルエンザ
薬を処方してもらうことができます。

代表的な薬としてはタミフルやリレンザですね!
こちらに関しては医師が必要だと判断した場合に処方さ
れるので、自己判断しないようにしましょう。

「薬なくても治るの?」という方もいると思うので説明
すると、薬がなくても治る人はいます。
通常インフルエンザB型の場合は2~3日高熱が続き、
その後熱が徐々に引いていきます。

 

 

1週間程度安静にしていると、治りも早いです。
結論を言うと、薬がなくても治ることはあるということ
ですね!
ただ、基本的には薬を貰った方が安心できるはずです。

筆者も一度薬なしで治すことを試みましたが、はっきり
言って辛いやら苦しいやらで、てんやわんやでした!笑
病院に行くと「病院に行ったから大丈夫」という安心も
手に入れることができますよね!

何もわからないまま過ごすというのは、なかなか大変。
だって、いつ治るかもわかりませんからね。
特にインフルエンザの場合は悪化すると死に至ることも
あります。

子供やお年寄りの方の場合は、特に早めに病院に行った
方が良いですね。
早く治したいという方は、しっかり抗インフルエンザ薬
を服用することが必要です。

筆者的には、薬で完治させた方が良いと思います。
もちろん、薬は完治させるものというより、人間の抵抗
力を高めてくれるものです。
最後に必要となってくるのは、自分の力でもあります。

また、病院に行けば解熱剤なども処方してもらえるので
幾分か楽になりますよ!
インフルエンザで何が辛いって、やっぱり高熱なんです
よね。

 

 

対処方法と対策

 

 

対策としては、とにかく人の多い所は避けることと、外
から帰って来たら手洗いとうがいをすることです。
基本的にインフルエンザは人から人へ感染するものなの
で、マスクの着用なども必要ですね。

また、禁煙は免疫力が落ちてきている方もいるので、
普段の生活を見直すことも重要かもしれません。

それと、心配であれば予防接種をしておくと安心です。
その他、タミフルやリレンザなどを利用するのもアリ!
これらの抗インフルエンザ薬は、予防として飲んでも
効果を発揮してくれますよ。

その他、感想するとウイルス感染しやすくなるので、
喉は常に湿り気がある状態にしておきましょう!
一番良いのは、加湿器などを取り付けることですね。

しっかり対策して、インフルエンザにならないことが
一番大事ですよ!

インフルエンザA型の症状や潜伏期間は?食事や予防は?タミフルは効果ある?

インフルエンザ検査はいつから?時間費用や方法は?子供には痛い?

冬風邪2016の症状原因やウィルス対策は?感染理由や予防月間とは?

インフルエンザは、誰もが感染するリスクを抱えて
います。
ちょっとした油断でB型に感染する方が多いので、
A型の流行が終わったからと言って油断しないこと!

自分の身は自分で守りましょうね!


スポンサードリンク


関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ