都道府県対抗駅伝2016のエントリーや結果予想や優勝候補は?男子女子別に紹介!

正月の風物詩といえば箱根駅伝ですが、

それからしばらく後に都道府県対抗駅伝なる大会が

開かれていることは皆さんご存知ですか?


スポンサードリンク


箱根駅伝と違い女子も参加することができる、

より門戸が広げられた大会です。

NHKでもばっちり中継されるので、

駅伝ファンの方は要チェックですよ!

 

 

都道府県対抗駅伝(女子)概要

 

 

都道府県駅伝大会はその正式名称を

「皇后盃全国都道府県対抗女子駅伝競走大会」

といいます。

毎年1月に京都市内で開催されています。

フルマラソンと同じ42.195kmを、9人でつなぎます。

ラストの9区が最も長く、1人で10kmを走ります。

2016年は1月17日に開催されます。

 

 

コース

 

 

京都府右京区の西京極陸上競技場からスタートし、

五条通・西大路通・北大路通・堀川通・紫明通・烏丸通・

丸太町通・東大路通・今出川通・白川通・宝ヶ池公園

を経て左京区の国立京都国際会館前で折り返し、

来た道を戻ります。

 

 

チーム編成のルール

 

 

監督1人、選手13人で1チームです。

うち3区と8区は中学2・3年生のみしか走れません。

また、その他の区間のうち3区間以上を

高校生が走らなければいけません。

また、同大会には「ふるさと選手制度」

という制度があります。

社会人、および大学生の競技者は、

現在の住所からではなく、

出身高校及び中学のある都道府県から

エントリーしてもよい

(必ずしもそうしなければいけないわけではない)という制度で

す。

大学生や社会人は都市圏に集まりやすく、

結果として都市部の都道府県が毎年上位を

占めるのを防ぎ、

また大会の郷土色を強くするための制度です。

 

 

過去の結果

 

 

京都市内で開催されている大会ということもあってか、

京都府チームが過去33回の大会のうち

15回で優勝を果たすなど、

圧倒的な成績を誇っています。

 

 

目玉選手はいるの?

 

 

同大会は大阪国際女子マラソンの直前に

行われるということもあり、

あまり有名な選手は出ていませんが、

将来日本を背負って立ちそうな学生選手は

少なくありません。

中でも注目したいのが鷲見梓沙選手(愛知)です。

鷲見選手は世界陸上2015の5000mにも

出場した選手です。

まだ19歳ですが、あの高橋尚子さんを育てた

小出監督が

「あいつ(鷲見選手)が日本記録出すまで監督を引退できない」

と発言していることからもわかるように、

かなりの潜在能力を持っているようです。

もう一人注目したいのが太田琴菜選手(兵庫)です。

陸上競技の強豪、立命館大学に所属している

20歳の大学生であり、

2014年の富士山駅伝ではチームを優勝に導きました。

 

 

2016の優勝予想は?

 

 

有力選手が少ないので何とも言えませんが、

やはり上記の2選手が所属する愛知県と兵庫県は

かなり有力でしょう。

そのほか、過去に圧倒的な成績を残しており

去年も2位だった京都府、

京都に次ぐ実績がある大阪府などが有力候補です。

そのほか、神奈川、千葉、埼玉などが

上位に入り込んでくる可能性が高いです。

……こうしてみるとやはり都市部が強いですね。

しょうがないことなのかもしれませんが。


スポンサードリンク


関連イベント

 

 

大会中は小学生の女子がコースを駆け抜ける

「少女ミニ駅伝」

19の道県のふるさとの味が楽しめる

「ふるさと屋台村」

全国20以上の駅弁が楽しめる

「全国駅弁フェア」などが開催されます。

 

 

テレビ中継はあるの?

 

 

1月17日、12時15分からNHK総合テレビ、

およびラジオ第一で放送されます。

 

 

都道府県対抗駅伝(男子)概要

 

 

都道府県対抗駅伝はその正式名称を

「天皇盃全国都道府県対抗男子駅伝競走大会」

といいます。

毎年1月に広島で開催されることから

「ひろしま男子駅伝」の愛称で親しまれています。

皇后盃全国都道府県対抗女子駅伝競走大会の

男子バージョンとして作られた大会であり、

フルマラソンより少し長い48kmを、7人でつなぎます。

ラストの9区が最も長く、13.0kmを

一人で走らなければなりません。

2016年は1月24日に開催されます。

 

 

コース

 

 

広島市中区にある原爆ドームがスタートです。

平和大通り・宮島街道・宮島口・駅前・城南・中広

と進んでいき、その後廿日市市のJR前空駅東で

折り返し、来た道を戻っていきます。

チーム編成のルール

1、4、5区を「高校生」2、6区を「中学生」

3、7区を「社会人・大学生」が走ります。

また、女子の場合と同じように

「ふるさと制度」があります。

 

 

過去の結果

 

 

過去最も多く優勝しているのは長野県で6回です。

地元の広島県は毎年上位に入ってはいるものの、

優勝したのは第1回大会のみとなっています。

 

 

目玉選手はいるの?

 

 

個人的に注目しているのは鎧坂哲哉選手(広島)です。

鎧坂選手は1990年生まれの25歳で、

2015年の世界陸上に日本代表で出場し、

28分55秒で17位に入っています。

実績は十分なのですが、2016年元日の

ニューイヤー駅伝では怪我のせいか

区間16位とふるいませんでした。

怪我さえなければ実力は圧倒的なのですが……。

 

 

2016の優勝予想は?

 

 

鎧坂選手がいる広島が有力です。

そのほか、過去に実績のある埼玉県、

東京都なども有力です。

 

 

大会テーマ曲

 

 

広島が地元のアーティスト

「ポルノグラフィティ」のRainbowがテーマ曲です。

 

 

関連イベント

当日は広島在住の都道府県人会による、

「ふるさと応援団」が結成され、

様々な郷土料理を楽しむことができます。

 

 

テレビ中継はあるの?

1月24日、12時15分から

NHK総合テレビで放送されます。

箱根駅伝観戦スポットは?芦ノ湖、品川、大手町は?服装の防寒対策は?

箱根駅伝2017の学連選抜!東大生近藤秀一の学部や出身高校や進路は?

箱根駅伝2017の注目選手や優勝候補は?結果速報や区間賞は?

箱根駅伝2017出場校やシード校の順位予想は?日程や区間エントリー!


スポンサードリンク


関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ