箱根駅伝2016の区間エントリーや優勝予想は?日体大や中央大学は?

 2016箱根駅伝は5区で何か起こる?!

 

前回大会では圧倒的に早く2位以下を引き離した青山学院大学。初優勝から

連覇なるか?という所は当然注目ですが、エースのキャプテン4年、3代目山の神、

神野大地の故障復帰具合が気になる所です。


スポンサードリンク


名物の原監督の采配やいかに?

優勝候補の一つには間違いありませんが、山の神・神野の左すねの痛みも気になる所。

各大学もエースをぶつけてくる予感の5区に注目!です。

至近6大会で、優勝4回、2位2回と圧倒的な強さを誇る東洋大学も去年の

雪辱を果たしたい所。全日本大学駅伝を初制覇した勢いが箱根でも発揮されるか? といったところです。エース服部勇馬(3年)、その弟・弾馬(2年)、の兄弟タスキもあるか?

の走者順も注目したいですね。名門駒澤大学も負けていられません。馬場と神野との山争いも見もの。去年のトップ3大学がどう出るか?往路のラスト5区に注目!です。

 

5区エントリー予想の注目選手:

神野 大地(4年)青山学院大

馬場翔大(4年) 駒澤大

櫻岡 駿(3年)東洋大

 

スタートが大事!の1区、2区も注目エントリー予想!

服部 勇馬(4年)東洋大 1区

服部 弾馬(3年)東洋大 2区

一色 恭志(3年)青山学院大 2区

 

出場大学:

青山学院大学

駒澤大学

東洋大学

明治大学

早稲田大学

東海大学

城西大学

中央学院大学

山梨学院大学

大東文化大学

——– ここまでシード校 —————-

日本大学

帝京大学

日本体育大学

順天堂大学

神奈川大学

拓殖大学

法政大学

中央大学

東京国際大学

上武大学

 

日体大や中央大はどうなる?予想は?

 

13年30年ぶりの優勝をもたらし、翌年は3位とメンツを保った

日体大も今年は主力軍が卒業したため、若い力で挑む2016年の

箱根駅伝となりそうです。キャプテンの加藤がどこまで引っ張っていけるか、

前回走った上級生に新人がどこまで付いていけるかがカギになりそうですね。

11位だった今回から来年はシード権を得たいもの。

 

一方中央大学は、箱根予選会は7位通過でした。不振の原因だった主力の故障も快方に向かい、予選会以上の実力は出せそうな予感。4年の新庄を始め、

予選での力走が目立った選手3年の倉敷の活躍も見逃せません。こちらも

来年のシード権を狙います。

 


スポンサードリンク


経験者豊富の早稲田も台風の目になりえる

 

1名を抜かして全員が去年の箱根駅伝を走る選手層の厚い早稲田。

全日本では順位的に7位と出遅れた感がありますが、やはり5区が注目の的。

けがで欠場したチーム1の実力者・山本修平(4年)が復活すれば、

バランスの取れたチームがさらに大暴れする可能性はありますね!

去年4位と大健闘の明治も調子を上げています。チーム力でバランスがとれているので

あなどると怖いかも?去年の経験を生かしてキャプテン横手健選手と木村慎選手の4年生コンビにどれだけ他の選手が付いていけるか!ですね。

12月頭の段階では、神野大地選手が万全な状態ではなさそうな噂も。

別の選手の準備もしているようですから新たなスター誕生か!?神野選手は

「山を走らなかったら他の区間では使わないと思う」というのが青学側の監督の見解のようです。

青学大、東洋大、駒大、のベスト3(去年の)に加え、万全の状態で臨めれば今回は早大も面白い!

というのが見どころになるかも?!

ちなみに今回の注目ポイントをまとめると以下になります。

1. 学生記録保持者東洋大学服部勇馬選手と服部弾馬選手の兄弟タスキ

2、駒沢大学村山謙太選手も1万メートル記録保持者なのでスピードレースが見もの

3、去年初優勝の青山学院大学一色恭志選手【花の2区】と三代目山の神、区間記録を持つ

神野大地選手、故障後の復帰戦なるか?!出るか最速山の神の新記録かはたまた別の神か?!

4、早稲田のいきなりのダークホースあるか?

(近年優勝タイム一覧 往路復路)
2015年 青山学院大学 10時間49分27秒 – 【総合】

青山学院大学 (5時間23分58秒)

青山学院大学 (5時間25分29秒)
2014年 東洋大学 10時間52分51秒 -【総合】

東洋大学 (5時間27分13秒)

東洋大学 (5時間25分38秒)

2013年 日本体育大学 11時間13分26秒 -【総合】

日本体育大学 (5時間40分15秒)往路
駒澤大学 (5時間32分11秒)復路

2012年 東洋大学 10時間51分36秒 -【総合】

東洋大学 (5時間24分45秒) 往路
東洋大学 (5時間26分51秒) 復路
2011年 早稲田大学 10時間59分51秒 -【総合】

東洋大学 (5時間29分50秒) 往路
早稲田大学 (5時間29分34秒) 復路

2010年 東洋大学 11時間10分13秒 –【総合】

東洋大学 (5時間32分02秒) 往路
駒澤大学 (5時間34分41秒) 復路

これを見ないと正月出ないような気がするのは自分だけではないはず!です。

箱根駅伝観戦スポットは?芦ノ湖、品川、大手町は?服装の防寒対策は?

箱根駅伝2017の学連選抜!東大生近藤秀一の学部や出身高校や進路は?

箱根駅伝2017の注目選手や優勝候補は?結果速報や区間賞は?

箱根駅伝2017出場校やシード校の順位予想は?日程や区間エントリー!

 


スポンサードリンク


関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ