節分豆まきや鬼の意味由来や作法は?落花生や喪中や無病息災については?

節分といえば豆を撒くのが普通ですよね!
中には豆撒きを楽しみにしている子供たちも多くて、
毎年鬼役にされている先生や保護者の方には頭が下がる
思いです。

しかし、そこで疑問が一つ生まれませんか?
そもそもなぜ豆撒きをしなくてはならないのか。
なぜ鬼がやってきてしまうのか。


スポンサードリンク


節分にはその土地独特の風習があり、意味や由来も
それぞれの地域によってことなることがあります。
そこで、今回は豆だけに節分の豆知識を紹介します!

 

 

節分の意味・由来

 

 

節分の豆まきは、しっかり意味と由来があります。
もともと日本では、節分に当たる2月3日は立春の
前日ということで、季節の変わり目とされていたの
です。

節分という言葉自体は、特に2月のこの時期を意味
するだけではなく、四季折々あるのが特徴です。
有名どころだと土用や彼岸ですね。

節分の意味としては、季節を分けるという解釈と
なっており、具体的に毎年時期が決まっています。

もともと日本の旧暦では、立春が元旦とされていた
こともあり、節分は今で言う大晦日だったんですよ!
これって意外と知らない人が多いので、豆知識として
憶えておくのも良いと思いますよ!

つまり、節分は季節の変わり目で新しい一年の安全や
五穀豊穣を祈ることが多かった時期でもあるのです。

そうすると、だんだんと意味が分かってくるのでは?
節分は季節の変わり目で、一年の変わり目だったから
こそ、人々は大切な日として催しをするようになったの
です。

 

 

豆撒きと鬼の意味・由来

 

 

さて、節分の意味が分かったところで、それでもまだ
疑問点は残っていますよね。
例えば豆撒きをする理由や鬼がやってくる理由・・・。
これには謎を感じている方も多いです。

まずは豆撒きをする理由について考えてみましょう!
もともと日本では、季節の変わり目には邪気が生じると
言われていました。

この邪気こそ鬼と捉えられた根本的な理由となっている
と考えられています。

節分は先ほども言ったように、旧暦では大晦日にあたる
ので、当然鬼もやってくるということです!

当然、鬼がやってくるということは、退治しなくては
次の年を平和に過ごすことができません。

そこで、季節が変わる前に「追儺(ついな)」という
宮中行事が行われていったのです。

有名な吉田神社などでは、未だに節分になると追儺式を
行うこともあるので、知っている人も多いかも!

この「追儺」は「鬼やらい」とも呼ばれ、その行事の中
で行われた行事の一つが豆撒きのルーツになったのです。

あくまでも「そう言われている」という言い伝えなので、
具体的には諸説あります。

豆撒きは、そういった邪気を追い払うために行うもので
あり、現代にもその文化が残っているという訳です!

 

 

なぜ豆なのかというと、昔は穀物に魔除けの呪力がある
と考えられていたと言われています。

また、「豆=魔滅(まめ)」と考えられており、鬼の
目に向けて投げつけることで滅する効果があったと
信じられてきたことも由来となっています。

現代にある鬼のお面などは大抵目のところが空いて
いますよね。

あれは、もちろん鬼役の人が周りを見やすくするため
でもあるのですが、実は鬼の目を潰すという不穏な
話も見え隠れするのですね。

ちょっと鬼が可哀想になりそうです!笑

ちなみに「鬼=陰(おん)・隠(おぬ)」と解釈された
ことが由来になっているとも言われていて、諸説あると
言えます。

「陰」や「隠」は「目に見えない邪気」であると考えら
れ、これらは鬼の仕業だと考えられてきました。

そういった鬼を追い払う豆撒きによって無病息災を願う
行事として、定着していったのです。
つまり、最終的には無病息災が豆撒きや鬼退治の意味や
由来となっているということです。

 

 


スポンサードリンク


節分の作法について

 

 

節分の作法としては、炒った豆を使うことが通例とされ
ていますね!意外と知らない方も多いかも。

これにはちゃんと意味があって、「豆(鬼の魔目)」を
「炒る(射る)」という意味があります。

ただ、節分で使うような豆は、もともと販売されている
時には炒られているので、安心して使えます!

また、豆撒きの時は、鬼役の人がいると思いますが、
張り切りすぎて思い切り当て過ぎないようにすることが
大切だと言えます。

つい子供たちなどは興奮してしまって、豆を強く投げて
しまいますが、目に当たったりすると危険です。
文字通り目を射った状態になれば笑えないですからね!

それと、豆撒き前には神棚などにお供え物をすることが
定番となっています。
神様の力を借りて、鬼を封じるということですね。

時間としては、夜に鬼がやってくるので、夜に行うのが
通例となっています。

学校や幼稚園の場合は無理ですが、豆を撒くのは一家の
長であることが必要となります。
※年男や年女が行うこともあります。

掛け声は定番の「鬼は外、福は内」ですね。
一応豆を投げる時は外に向かって投げる場合と家の中に
向かって投げる場合で、使い分けましょう。

豆撒きが終わったら、自分の年齢より多く豆を食べる
のがルールとなっています。

大抵は一つ多く食べるのが普通ですね。
結構自分と同じ年齢分食べる方が多いですが、一つ多く
食べるというのがポイントです。

豆撒きは厳格にルールが決まっているという訳でも
ないので、好きなように豆撒きしてください!

上記で紹介したルールは、あくまでも伝統行事としての
重要性を考えた上で守りたいルールです。

 

 

落花生はOK?他にも投げるものは?

 

 

豆撒きでは、落花生を投げる地域も多いです。

北海道や東北、信越あたりの地方では、むしろ落花生を
投げているという方の方が多いらしいですよ!
約8割が落花生を投げているのだとか。

確かに自分がが子供の頃も落花生を投げていたような
気がします。

豆を踏んで転ぶこともないですし、何より落花生なら
飲みこむ心配もないということらしいです。

小さな子供でも安心ですし、掃除が楽なんですよね。
普通の豆を使ったら、一粒ずつ拾うのは大変です。
だからこそ、落花生は合理的な判断だと言えるかも。

それに、節分で巻いた豆は食べなくてはなりません。
落花生はおつまみとしても多くの人に親しまれている
ので、「どうせ食べるなら美味しい豆を」という意味
で落花生にしている家庭もあるとのこと。

片付けも楽で、なおかつ美味しく食べられるのなら、
個人的には落花生の方が良いかなと思います。

これは地域によって異なりますが、関東から北の地域
に住んでいる方にとっては常識です!

厳密にルールが決まっているというわけではないので、
好きな豆を撒きましょう。

中にはみかんや餅、菓子などを投げる地域もあるので、
とにかく楽しくできたら良いのかもしれませんね。

 

 

喪中の時はどうすれば?

 

 

「喪中だし節分はどうしたら良いのかな」なんて声も
聞こえてきます。

基本的に喪中というのは「いつからいつまで」という
ものが厳密に決まっている訳ではないので、豆撒きを
してはいけないというルールはありません。

そもそも節分の豆まきは、無病息災を願うもので、
お祝いごととは少し異なります。
だから、当然豆撒きをしていても問題になることは
ありませんよ。

ただ、喪中だと知っている人からすれば、「あの家庭、
喪中なのにずいぶんワイワイと騒いでいるわね」と
思われてしまうかもしれません。

もし喪中で豆撒きするのなら、家の中で静かに撒くのが
良いかもしれませんね!

 

 

節分には様々な歴史や文化、風習が絡み合っています。
日本の伝統行事の一つなので、しっかりと楽しみながら
鬼を退治していきたいものですね!
もちろん鬼役の人の目を狙ってはいけませんよ?笑

節分の子供向けの食べ物とは?恵方巻きやいわし、めざし柊や福の神は?

節分2016の吉田神社や成田山のイベント日程や芸能人ゲストは?混雑予想は?

節分の日2016はいつ?恵方の方角方位は?壬生寺のぜんざいや狂言は?


スポンサードリンク


関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ