足の指のしもやけの予防対策は?原因治療やマッサージビタミンEは効果ある?

寒くなってくると気になるのが「しもやけ」ですよね。
特に足の指などがしもやけになってしまって、かゆく
なってしまうこともあって、男性も女性も悩まされる
という方が多くなっています。

しもやけは原因を知っておくことや予防・対策方法を
知っておくことで対応できます。


スポンサードリンク


まずはそれらについて知るようにしましょう。
このサイトでは、それらの点について説明します。

また、マッサージやビタミンなどの効果についても紹介
していくので、気になる人は読んでみてください。

 

しもやけの予防・対策方法

 

しもやけは予防や対策をしっかりしてさえすれば、
悩まされることも少なくなります。
実は気づかないうちに、しもやけになっているという
方も多いので、意識的に予防・対策しましょう。

・血行改善

 

一番効果的な予防・対策としては、血行改善です。
足などの身体の末端部分は、血行不良によって、
上手く血液が循環していないことがあります。
また、寒さで血行が悪くなることも原因となります。

つまり、血行を改善し、手足にもしっかり血液循環
できるようになれば、おのずとしもやけの予防や
対策になるということです。

 

・衣服や防寒グッズ

 

気温が低くても、寒い服装をしている方も多く、
それがしもやけの原因になってしまっていることが
多いです。
しっかりと衣服や防寒グッズを利用しましょう。

特に足先などは、冷気が残るということもあるため、
靴下なども厚手のものにするなど、工夫が必要です。
手袋やマフラーなどで循環する血液を温めるという
のも効果的と言えますね。

 

・湿り気や水分は拭き取る

靴下などは湿ったままにしておくと、しもやけになる
原因を自分で作っているようなものとなります。
肌が冷えてしまうからです。

また、水などが靴に入ってきた場合は、すぐに足を
拭くようにし、しっかり乾かしましょう。

また、靴などは締め付けるものを履かないようにすると
血液循環が上手くいき、しもやけになることも少なく
なるでしょう。

なお、靴に関しては乾燥させて湿ったままの靴を
はかないようにしましょう。

 

原因と治療方法

 

しもやけの原因は、主に血液循環が悪いことや気温の
差に関係している
と言われています。

昼夜で気温差が激しいと、しもやけになりやすくなり、
かゆみや痛みを伴ってしまいます。

しもやけには、気温と皮膚表面の温度が強く関わって
おり、外気温が5℃程度で、気温差が激しい時期などは
しもやけになりやすいです。

気温が低下すると静脈、動脈2種類の血管はどちらも
縮まりますが、暖かい場所に入ると、動脈はすぐに
元にもどります。しかし静脈は収縮したままです。

これによって体の先端部分に血液がうまく回らないので
栄養分や酸素が十分行き届かなくなります。

これがしもやけの原因といわれています。

また、手足が濡れてしまったのにも関わらず、そのまま
放置しているという方もいます。
これはしもやけになる原因となるので、濡れた場合は
すぐに乾かすことなどが必要となります。

 

 

治療に関しては、血行を良くすることが効果的です。
方法としては、熱いお湯と冷たい水に交互に付ける方法
などが効果的で、指先が温まるまで繰り返しましょう。

なお、指が一本だけしもやけになってしまうという
こともあります。
そういった場合も同様の方法で治療することができ
ます。

WS000005
この症例では人差し指のみしもやけとなっています。

血管の影響や靴の環境、身体の状態によって、稀に
指一本だけがしもやけになることもあるので、
そちらについても注意しておくことが必要ですね。

 

しもやけとマッサージ

 

マッサージについては、血行が良くなるので効果的な
ことは効果的です。
しかし、強くマッサージし過ぎると、毛細血管が破裂し、
症状が悪化してしまうことがあります。

マッサージの方法としては、指を丁寧に揉みこむように
することで、イメージとしては「血の巡りを良くする」
ことを意識しましょう。

患部周辺だけをマッサージするのではなくつけねから
しっかりもみほぐしていくイメージがいいでしょう。

ビタミンE配合のクリームを使用すればより効果が
高まるでしょう。

 


スポンサードリンク


しもやけとビタミン

 

ビタミンは効果があるものとないものがあります。
ビタミンとは言っても様々な種類があり、しもやけに
効果的なものはビタミンEとなっています。

ビタミンEには、血管を拡張して血流をよくして
血行を改善する効果があります。さらに血がサラサラに
なる効果もあります。

ビタミンEが多く含まれている食材は

・植物から作られた食用油

マーガリン、ひまわり油、なたね油

 

・魚

うなぎ、明太子、いくら、いわし、あゆ、うに

 

・野菜

かぼちゃ、しそ、赤ピーマン、だいこん

 

しかし、食品からビタミンを摂取する場合はかなりの
量を食べなければいけません。そのような時は
ビタミンEをサプリから取ることをオススメします。

 

ビタミンEのサプリメント

 

WS000011

ビタミンEの効果を実感するには、1日あたり100mgは
取らないといけません。一日300mgを2週間ほど毎日
取れば、体内のビタミンEの血中濃度が最大になるという
報告もされています。

毎日ビタミンEを数100mgとるのは大変ですから
サプリメントで摂取したほうが賢いでしょう。

夏秋のしもやけの症状は水ぶくれやしびれ、かゆみ?

しもやけの薬で皮膚科病院の処方と市販の違いは?

ビタミンEは脂溶性のビタミンなので許容上限量を
超えて大量に摂取するち過剰症のリスクがあるので
注意してください。

1日あたり800mgが限度といわれています。
また、ビタミンCを同時に摂取すると
ビタミンEの吸収を助ける
といわれています。

もちろんビタミンEを摂取したからと言って、
しもやけが治るというわけではありません。

あかぎれ治療やひびの違いは?

ひどい指先のあかぎれにヒルドイドは効果ある?

手のあかぎれがひどい原因は?治し方や薬は?ハンドクリームは意味ある?

予防・対策をしっかりしてその上で
ビタミンを摂取したり血行をよくする工夫を
することによってよくなるでしょう。


スポンサードリンク


関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ