バレンタインの起源由来は?チョコやプレセントの意味は?子供にも簡単に!

バレンタインデーは、女性が男性にチョコレートを渡す
という定番のイベントですよね。
若者の間ではすっかり定着していて、青春の1ページと
しても魅力的なイベントとなっています。

そんなバレンタインについて、「いつから始まったのか
な」と思っている方も多いのではないでしょうか?
実はロマンチックな機嫌や由来もあり、チョコレート
にもちゃんとした意味があるのです。


スポンサードリンク


そこで、今回はバレンタインの起源や由来、チョコや
プレゼントを贈る意味について紹介します!
子供にもわかりやすく簡単に説明しますね。

 

 

バレンタインの起源や由来とは

 

 

そもそものバレンタインデーの歴史は、ローマ帝国の
時代までさかのぼります。
当時のローマには、ユノと呼ばれている神様の女王が
いて、家庭と結婚の神様として存在していました。

そんなユノの祝日が2月14日だったとされており、
2月15日は、その年の豊作を祝うためのお祭りが
行われるという文化があったのです。

そのお祭りの名はルペルカリア祭りと呼ばれており、
ある男女の交流を願う催しが行われていたのです。

もともと若い男女は生活が別々だったのですが、
祭りの前日になると、娘たちが紙に名前を書いて
桶の中に入れるのです。
それを男たちが1枚引き、祭りの間パートナーとして
一緒に過ごすことを定められていました。

その結果、当然のように男女は結ばれ、恋に落ち、
永遠のパートナーとして結婚したのです。

 

 

しかし、当時の皇帝クラウディウス2世は、愛する
人を故郷に残したまま兵士が出兵すると、士気が
下がってしまうと考え、結婚を禁止してしまったの
です。

そんな中、キリスト教司祭だったヴァレンティヌスは
男女を秘密に結婚させることに力を尽くしていました。
結局ヴァレンティヌスは捕えられ、処刑されてしまう
という悲しい言い伝えが残っています。

この処刑の日が2月14日だったこともあり、恋人の
中では特別な日として伝えられるようになりました。
これがバレンタインデーの起源であり、由来となって
います。

男女が結婚し、引き裂かれ、それでも愛する人のために
祭りとして祝う・・・ロマンチックですね!

当時は手紙などを贈ることが一般的で、お菓子などは
贈ることは少なかったと言われています。
恋人達は手紙に何を綴ったのでしょうかね?

そう考えると、このイベントはやはり恋人たちに
とって特別な日だと言えますね。
今年は手紙を送ってみてはいかがでしょうか?

 

 

チョコレートやプレゼントの意味

 

 

バレンタインと言えば、やはりチョコレートが定番
ですよね。
しかし、ここで一つ知っておいてもらいたいのが、
チョコレートを渡す文化は日本特有だということです。

もともとバレンタインは、恋人達の日として知られて
いますが、チョコレートを渡すという文化はないです。
この文化は日本独自のものなのです。

もともとバレンタインデーが定着してきた1970年
代ごろからチョコレートを贈るようになり、相手に
気持ちを伝えるという意味で作っている人が多かった
という歴史があります。

世界的に見てもチョコレートは愛や恋を象徴する
ことが多かったため、もともと宗教の色が薄い日本で
勝手に解釈されて、チョコレートを渡すという文化が
広まっていくようになったのです。

 

 

つまり、チョコレートに意味という意味はないような
もので、日本で流行ったからこそ定番となっている
という位置づけです。

もちろん現代では愛の形として贈られることが多く、
自分の気持ちを込めた手作りのチョコレートを贈る
ことが多くなっています。

そう考えると、チョコレートにもしっかりとした意味が
あると言って良いかもしれませんね。
貰った方は愛を感じ、贈る方は愛を込めるという
ロマンチックな文化が日本には定着しています。

では、一方で海外はどうなのかというと、様々な解釈が
伝えられており、それぞれプレゼントやお菓子、手紙
などを送ることが多いようです。

また、日本と同様に恋人と過ごすことが多く、この日は
特別に恋人達で祝うということが多いです。

逆に日本は何でもかんでも恋人と結び付けてしまう
ことが多く、クリスマスなども恋人と過ごすことが多い
ですよね。
しかし、海外はクリスマスを家族と過ごすことが多く、
どちらかというとバレンタインの方が恋人と過ごす
ことが多くなる傾向があります。


スポンサードリンク


贈るものもプレゼントや手紙が多く、チョコレートを
送るという文化は日本だけに通用するものと言えます。

ただ、海外でも日本の文化に注目し、チョコレートを
渡すという文化を真似している人もおり、実際深い
意味があるということでもなくなってきています。

恋人達が好きなように過ごす時間。
そう考えると、バレンタインデーは恋人同士がメイン
のイベントだと言えるでしょうね。

プレゼントやチョコレートには、相手に愛を送るという
意味が込められているものの、その国によって異なる
ということです。

自分の好きな形で愛を伝えてみましょう。

 

 

変わってきたバレンタイン事情

 

 

そんなロマンチックなバレンタインですが、近年の
日本では少し様子が変わってきています。

もともと女性が男性に手紙を送る文化だったのですが、
日本にやってきたことでチョコレートへと変化し、
渡す相手も男性だけではなく友達などに変わってきて
います。

もともと日本のメーカーなどの戦略によって広まった
チョコレート文化なため、今度は「友達チョコ」など
というものも登場しています。

愛を伝える祭典の意味なのに、日本では「義理チョコ」
や「友達チョコ」が定着しており、すっかり誰にでも
チョコレートを渡す日となっています。

こう考えてみると、日本のメーカーに踊らされている
のかもしれませんね!笑

本来愛を伝えるのですから、義理チョコという時点で
矛盾していますし、友達チョコというのも・・・。
まぁ友達は少なくとも愛情がある場合もあるので、
チョコレートを渡しても良いかもしれませんね。

日本では、常に市場がコントロールされていて、
チョコレートを渡す相手も年々変わってきています。
この文化は果たして良いものなのかどうなのか。
それは渡す本人が各々考えておくべきものですね!

 

 

手作りチョコレートについて

 

 

恋人へチョコレートを渡す場合は、「手作りで
渡したい」という方も多いですよね。
実際、男性陣に聞いてみたチョコレート事情によると、
やはり手作りは嬉しいものらしいです。

愛情を込めて作った手作りチョコレートであれば、
貰った本人は当然嬉しいでしょうし、作った側もまた
喜んで貰えて嬉しいものです。

手作りチョコレートのレシピなどは、ネットにも
たくさん出回っているので、今年はチャレンジして
みてはいかがでしょうか?

 

 

簡単な作り方を一つ紹介します。
まず用意するものとしては、板チョコとボウル、
型とその他トッピングです。

チョコレートをボウルで湯煎しながら熔かし、
好みの形に揃えて冷やすだけで完成します。

手作りとはいっても、ただチョコレートを溶かして
固めるという方法なので、とても簡単です。

この方法であれば料理が苦手な人でも楽しめるし、
何より相手にも喜んで貰えるでしょう。

ただ、少しこだわりを持ってチョコレートケーキに
したり、ムースにしたりする方法もあります。
近年は生チョコとかも人気ですね!

相手への気持ちの大きさは、手作りチョコレート
にも表れてきます。
好きな人に最高のチョコレートを贈ってみては
いかがでしょうか?

素敵なバレンタインを過ごして下さいね!


スポンサードリンク


関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ